経営戦略

みんな業種特化してるけど実際どうなの?

From:高名一成

 

マーケティングやセールスを勉強すると、よくターゲットを絞ろうという話しになります。

 

なぜ、ターゲットを絞るのかというと、見込み客に自分たちを見つけてもらいやすくなるからです。

 

ターゲットを絞ることで、その人たちだけに向けたメッセージを送ることができます。するとその他のメッセージよりも目立つようになります。

 

だから、販促物の反応が高まったり、セールスの成約率が高まって売上が増えるので、よくターゲットを絞ろうと言われています。

 

この考え方は正解ですが、覚えておかなければいけないのはターゲットを絞るということは見込み客の数を自ら減らしているということです。

 

例えば、税理士業界では業種特化することでターゲットを絞っている事務所があります。飲食店専門税理士、美容室専門税理士、歯科専門税理士、といった様に。

 

該当する業種から見ると、他の税理士より、自分たちに合っているように見えるので、魅力的に見えると思います。でも、その他の業種から見ると自分には関係ないと思われ、顧客化はしていきません。

 

業種特化をするということは、顧客母数を減らしていることになるので、顧問料単価にこだわらなければいけません。

 

業種特化をしているのに関わらず顧問料単価が他と変わらないのであれば、経営的に特化している意味はありません。より専門性の高いサービスを提供しているのに、単価が変わらないということは実質値下げをしているのと変わりません。

 

でも、やりはじめの一時は成約率が高くなり顧問先数が増えるのでそれが快感となりその事実に気づいていないことが多いんですね。

 

それに業種特化は、そのうち商圏を広げていかなければいけません。その時に顧問料単価が安ければより効率が悪くなり生産性の減少に繋がります。

 

つまり、業種特化するということは、より高く売ることが出来てはじめて経営的に大きな効果があるのです。逆の言い方をすると、高く売るために業種特化をしていくのです。

 

これを間違えてしまうと、ただただマーケットを狭めて利益と生産性を減らしているだけです。

 

もし、あなたも業種特化をしているのであれば、高く売ることができているか、確認してみてください。そして、それが出来ていない場合はどうやったら高く売れるのか考えてみてください。

 

ー高名一成

参院選から学ぶどんどん成果が上がる仕事術前のページ

会社が儲かる理由って何?次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    AI時代に生き残る仕事チェックリスト

    From:福元友則20世紀はロボットが製造…

  2. 経営戦略

    AIの専門家になりました!

    From:福元友則「福元さん、やばいですよ…

  3. 経営戦略

    コロナで生き残る会社、生き残れない会社

    From:高名一成一時は収束しかけた新型コ…

  4. 経営戦略

    税理士というビジネスモデル

    From:福元友則先日お会いした先生にいつ…

  5. 経営戦略

    2019年の税理士業界を乗り切るには?!

    From:福元友則ここ数年に間で税理士業界…

  6. 経営戦略

    税理士あるあるから見えてきた今後の採用方針

    From:高名一成先日、ある税理士の先生か…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    何を言っているか分かりません、、、
  2. 経営戦略

    リストラが止まらない
  3. 経営戦略

    顧問先が辞めていく理由
  4. 次世代型税理士の仕事術

    年末年始の過ごし方
  5. 経営戦略

    これからの時代を生き抜く税理士像はこれ!
PAGE TOP