経営戦略

私はコンサルできるのでしょうか?

From:高名一成

 

ようやくお盆休みがあけました。

 

9連休は長かったですね。ウチの家族は長期連休によくある、最終日に体調を崩すというパターンに陥りました。

 

暴飲暴食をしたわけでもなく、遊びまくったわけでもありません。僕は完全オフにしたのは1日くらいでしたし。

 

なぜだろう?と振り返りながらこの記事を書いているのですが、思い当たるふしがありません。

 

まぁ、そんな話しは置いておいて、今日は僕が連休中に会ったある人との話しをシェアしたいと思います。

 

その人は、アパレル関係の経営者で、これからコンサルティングをやりたいと考えているようでした。

 

まだ漠然とした考えのようだったので、具体的な内容はありませんでした。なので、コンサルはどんなことをするのか?どんな風に営業をするのか?どんな風に料金設定をするのか、たくさん質問をされました。

 

そして、今やっているのがアパレル事業なのにコンサルができるのかどうか?ということに悩んでいました。

 

これに関する僕の答えは「できる」です。

 

身だしなみをコーディネートするサービスを作ればそれがアパレルの中でコンサルになります。その時に自分の商品を売ることだって可能です。

 

実際にこの分野のコンサルタントはけっこういるので、できないことはありません。

 

業界は違いますが、家具メーカーのIKEAにもコンサルティングサービスがあります。「ホームファニッシングコンサルティングサービス」という名称で商品化されていて、コンサルタントがどんな部屋にしたいかという希望や困っていることをヒアリングし、部屋のコーディネートをしてくれるサービスです。

 

お客さんはコンサルタントのアドバイスを参考にして部屋のイメージを作り家具を買うという流れです。

 

そもそも、コンサルティングというサービスはその分野の知識量がお客さんより多ければ成り立つサービスです。

 

アパレル業界で勤めているのであれば、当然お客さんより専門的なことを知っているはずです。お客さんの希望を叶えるために何をすればいいのか?何が必要なのか?が分かるはずです。

 

それをヒアリングしてアドバイスすればコンサルティングが成り立ちます。

 

そして、これはほとんどの業界で同じことが言えます。専門性があるビジネスをしているのであれば、コンサルをサービス化できるはずです。

 

僕は個人的に全ての業種はコンサルをするべきだと思っています。専門家の見地から見込客を診断し、必要であれば自分の商品・サービスを提供する流れで営業をすることが望ましいと考えています。

 

これをすれば売り込みにはなりませんし、お客さんの問題を解決するのに一番最適な商品を売ることができます。それに、コンサルをしながら営業をすると値段を叩かれることはほぼありません。自分の理想通りの値段で売ることが可能です。

 

税理士事務所であれば、税務会計の専門家として顧問先の経営を見ていますよね。そして何をすれば良くなるのかアドバイスしているはず。これはコンサルという名前がついていないだけでコンサルと同じことです。

 

営業の時に税務顧問を売るのではなく、コンサルをしてから売るという意識とプロセスを踏めば、従来の顧問料より高い契約をすることができます。

 

今、テクノロジーの進化により様々な業種やサービスがコモディティ化されてきています。今後価格競争に巻き込まれず生き残るサービスはクリエイティブなサービスだけになる可能性がとても高いです。

 

そのクリエイティブの代表格がコンサルティングです。これからさらにコンサルティングを導入する業界が増えてくるはずです。

 

僕は税理士事務所はコンサル業界のパイオニアだと思っています。ぜひ、コンサル業界を引っ張っていってください。

 

ー高名一成

ビジネスは長距離走前のページ

休みぼけの治し方次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    2018年税理士業界の2つの傾向

    From:福元友則税理士業界は今年、まっ二…

  2. 経営戦略

    伸びている事務所の秘密の情報網

    From:高名一成先日、ウチが主催するオン…

  3. 経営戦略

    以前勤めていた事務所の代表に会いました。

    From:福元友則以前勤めていた事務所の代…

  4. 経営戦略

    伸びている会社の社長の1番の仕事は○○!

    From 福元友則先日とある社長に会社を辞…

  5. 経営戦略

    顧問先の業績がよくならないのはこれが原因?

    from 福元友則業績のいい会社と業績のよ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 次世代型税理士の仕事術

    セミナー講師をやならければいけない2つの理由
  2. 営業

    すぐに売上が増えるかもしれません
  3. 経営戦略

    税理士が知っておかなければいけないコンサル業界の現状
  4. 経営戦略

    新しいことにチャレンジするときに気をつける3つのこと!
  5. 経営戦略

    コンサル事業のはじめの一歩
PAGE TOP