経営戦略

顧問先から受けて困る相談

From:高名一成

 

先日、クライアントから相談を受けました。

 

その相談内容はコンサル先から受けた、とある相談にどう答えればいいか?というもの。

 

そこで、その相談内容をうかがったところ、僕は、

 

「それって専門外だよね」

 

と思いました。

 

これはコンサルあるあるなのですが、専門コンサルをやっているとクライアントから自分の専門外の問題について相談を受けることがあります。

 

例えば、税理士事務所は顧問先に対して税務という専門分野のコンサルをしているわけですが、監査をしていると税務以外の相談をされることがよくあるはずです。

 

その時にどう応えるかでコンサルタントとしての価値が決まります。

 

まずやってはいけないのが、知ってる風を装うことです。

 

これはけっこうやりがちなのですが、クライアントからされた質問や相談に対して答えられないと権威性が下がると思って、知ってる風な感じでなんとなくその場をやり過ごしてしまう人がけっこういます。

 

これはよくありません。

 

クライアントには薄々気づかれてしまい、信用が下がります。

 

自分が知らないことについては、ハッキリ知らないと言った方がいいです。

 

知らないこと、分からないこと、出来ないことをハッキリと伝えることは、信頼関係を作る上で、とても大切なことです。

 

その上で、専門性のある人を紹介するのがいいでしょう。

 

こうすれば、権威性を下がりませんし、クライアントのためになる紹介をしているので感謝されるはずです。

 

ただし、ここで1つ考えておくべきことがあります。

 

それは、他のクライアントからも同じような相談を受ける可能性があるということです。

 

会社というのは様々な問題の集合体で出来上がっています。

 

あなたの専門性を使って1つの問題を解決すると、次の問題が出てきます。

 

ですから、他のクライアントもあなたのコンサルを受けていれば遅かれ早かれ、次の問題にぶち当たるのです。

 

そして、そのぶち当たる問題はおそらくどのクライアントでも同じはず。

 

であるなら、この問題を解決できる専門性をあなたが身につけるという1つの選択肢が出てきます。

 

というより、身につけた方が顧問先をサポートできる幅が広がります。

 

それに、よりクライアントを助けることができるので、関係性も深まりますし、サポートする幅が広がっているので単価アップにも繋がります。

 

クライアントの問題に合わせて作る商品が、売れる商品です。

 

毎月、監査をしていると顧問先はどんな問題にぶち当たっていますか?

 

きっと、その問題解決方法があなたがやるべきサポートであり、次世代の税理士事務所を作る商品となるはずです。

 

ー高名一成

なぜ経営支援でなかなか結果が出せないの?前のページ

収入が高い社長はなぜ収入が高くなるのでしょうか?次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    聞き上手になりましょう!

    From 福元友則話を聞くのがうまい社長と…

  2. 経営戦略

    成功する人が仕事をする上で強く意識していること!

    From 福元友則僕が仕事をする上で強く意…

  3. 経営戦略

    その顧問先本当に儲かってるの?!

    From 福元友則事業を続ける上で、また成…

  4. 経営戦略

    成功する人はリスクをとる人?とらない人?

    from 福元友則この3連休はこれまでにく…

  5. 経営戦略

    税理士事業とamazon

    From:高名一成「このお店で買うのやーめ…

  6. 経営戦略

    税理士事務所が気付いていない強みとは?!

    From:福元友則税理士事務所の人に話すと…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    このマインドセットが無い営業は売れません!
  2. 営業

    税理士のサービスは何をしてくれるか?
  3. 経営戦略

    お客さんの言うことを真に受けてはいけません?!
  4. 経営戦略

    コロナ第1波、第2波で飲食店を助けてくれた人
  5. 経営戦略

    今起きているこのトレンドの変化に対応できていますか?
PAGE TOP