経営戦略

アウトレットで気づいた売るための戦略とは?!

From 福元友則

 

先日アウトレットで買い物をしていたときに妻がふとこんなことを言いました。

 

「商品がたくさんあると派手なものしか目につかないね。」と。

 

たしかにその通りです。

 

シンプルなものや高級なものよりも派手なものや安いものに注目が集まり、よく売れているように感じます。

 

このときに以前聞いたドンキホーテの話を思い出しました。

 

ドン・キホーテでは陳列にノウハウがあるそうです。

 

よく売れる陳列は、ワゴンセールのようなごちゃごちゃした陳列です。

 

お客さんに宝探しをするように商品を探してもらうことで購買意欲が高まり購入に至りやすいのではないかとのこと。

 

反対に高級店のようなきれいな陳列をするとあまり売れないそうです。

 

人はたくさんの中から何かを探して選択するとき、このような思考や行動をとる傾向にあります。

 

選択肢がたくさんあるところでは、派手なものや安いものに自然と目がむきます。

 

逆にこういった状況では、シンプルなものや高級なものには目がいかなく当然ですがなかなか売るのが大変な状況です。

 

価格競争が激しかったり、どんどん新規参入があったりなどのプレイヤーが増加する市場ではこういったことが起きています。

 

自分達の商品をどれだけいいものにしてみても、それが注目を集めれなければ意味がありません。

 

顧問先やもしかしたら先生の事務所もこれと似たことをやってしまっているかもしれません。

 

レッドオーシャンで本質的な商品の改善をしてもそれはアウトレットでシンプルで高級な商品を売るようなものです。

 

派手な商品にしか目がいかないのですから、当然売れるはずがありません。

 

では、どうするべきでしょうか?

 

それには売る力を身につけることです。

 

シンプルな商品、高級な商品が目立てる場所や目立てる売り方で売るべきです。

 

こういった商品や陳列がきれいで少ない商品点数で1つ1つの商品をしっかり見せて売らないと売れません。

 

派手な商品は逆に1つ1つしっかり見せると逆にあまり売れません。

 

勢いで買ってもらうのに向いているからです。

 

シンプルな商品や高級な商品というのはある意味本質的にいい商品です。

 

こういう商品はよさがわかりづらいので売るのは難しい商品になります。

 

ですから、こういう商品を売るには売る力をつけないといけません。

 

本質的にお客さんのためになるには、シンプルだったり高級だったりといった本質的な商品です。

 

おそらく税理士事務所の大半はこういった考えやこういった方針で経営していることでしょう。

 

お客さんのためになることをしようと。

 

であれば、経営をよくするためには自分たちが売る力を身につけることを避けて通れません。

 

アウトレットで気づいた売るための戦略とは?!ぜひ売る力を身につけるのを課題に設定してみてはいかがでしょうか?

 

 

顧問先の「悩み」と「願望」を聞きましょう!前のページ

2021年6月は変化の月!次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    MAS監査担当者がやった売上アップのアドバイス

    From:高名一成先日、ある税理士事務所の…

  2. 経営戦略

    コンサル事業のはじめの一歩

    From:高名一成先日、友人から一本の電話…

  3. 経営戦略

    税理士事業の次のステップはこれ!

    From:高名一成ウチの家族はパンが好きで…

  4. 経営戦略

    顧問料はどうやって決めてますか?

    From:高名一成前回の記事ではコロナウイ…

  5. 経営戦略

    社員教育をするには◯◯が重要です!

    from 福元友則商売繁盛の会の懇親会での…

  6. 経営戦略

    4度目の緊急事態宣言からのビジネスチャンス!

    From:高名一成東京で4度目の緊急事態宣…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    今すぐ顧問先にアドバイスしてあげてください
  2. 経営戦略

    職員と顧問先を増やさずに売上を2倍、3倍にする方法
  3. 営業

    営業がうまい人は会話の最初にこれをする!
  4. 経営戦略

    2022年は税理士事務所にとって勝負の年になるかも?!
  5. マーケティング

    無料の力
PAGE TOP