経営戦略

顧問先とのコミュニケーションに困っているんです・・・

From:高名一成

 

「今回のセミナーになぜ参加されたんですか?」

 

これは、僕がセミナー参加者、もしくは商材を買ってくれた人と会った時に聞くことです。

 

僕たちが提供するコンテンツはマーケティング関連がほとんどなので、これからマーケティングを学んで新規案件を獲得したいとか、MAS監査をやっている中で売上の部分だけアドバイスができないから、そのヒントを得るためとか、だいたいそんな答えが返ってきます。

 

でも、その中で「顧問先とのコミュニケーションで使うため」という人がけっこういるんですね。

 

はじめはこの答えを聞いた時に「?」が頭の中に浮かび、何のことを言っているのかサッパリでした。

 

で、よく話を聞いていると、ようは顧問先との「話のネタ」を増やしたいとのこと。そしてその話のネタが顧問先の業績アップのきっかけになればいいと考えているようです。

 

そして、そのネタを増やすために業績アップに関わる内容のセミナーに参加したり教材を買ったりしているようなんですね。

 

実は、僕はその時に、こんな観点で自分たちの商品を利用してもらっているんだと初めて気づきました。

 

僕たちのビジネスは毎月決まったお客さんと会うのは個別のコンサル契約を結んでいる事務所のみです。

 

しかも、コンサルだと毎月やることやテーマが決まっているので、話のネタで困るということもありません。

 

なので、新しい観点だなと。

 

でも、考えてみれば、それもそうだなと思いました。税理士事務所以外にもルート営業をしている人なんかは同じ様に新しい知識や情報をインプットとしてお客さんにアウトプットしています。

 

世の中の税理士事務所の全てがこういった活動をしているとは思いませんが、顧問先からうするととても嬉しいことですよね。

 

僕だったら、こういった税理士さんにお世話になりたいなと思いますし、この活動が税理士事務所の永遠のテーマである差別化の第一歩となります。

 

それが、そのうち、コンサルティングという商品になっていったり、その先にはコンサル事業という形になっていくでしょう。

 

経営者であれば業績アップの話に関心が無い・・・、なんてことは無いはずなので、継続的に続けていきたいですよね。

 

コミュニケーションの改善にもなりますし、社長は毎月あなたの監査が楽しみになるはずです。

 

ー高名一成

PS.
顧問先はこの分野の情報に一番関心があるはずですよ!

https://marketing-ia.jp/trueproblem1/

税理士が差別化している具体的な方法前のページ

目標がなぜ大切か説明できますか?次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    今後伸びていく税理士事務所像とは?!

    From 福元友則先日、とあるイベントに参…

  2. 経営戦略

    言ってることが伝わらないのはこれが原因?!

    from 福元友則僕の専門分野であるマーケ…

  3. 経営戦略

    2021年以降の税理士事務所の課題とは?!

    from 福元友則今日は12月28日。…

  4. 経営戦略

    今すぐ顧問先にアドバイスしてあげてください

    From:高名一成今、日本の多くの会社がコ…

  5. 経営戦略

    緊急事態宣言でも伸びる事務所がやっていること

    From:高名一成おとといの日曜日から東京…

  6. 経営戦略

    顧問先の一番の関心事

    From:高名一成昨日はマーケティングコン…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    営業の秘訣は「売らずに売る」こと
  2. 顧問料アップ

    顧問先を増やさずに売上を増やす方法
  3. 経営戦略

    リピート率アップのためにはマーケティング+◯◯が必要!
  4. 経営戦略

    最近話題のお店に行ってきました!
  5. 次世代型税理士の仕事術

    生産性をアップする3つのポイントとは?!
PAGE TOP