次世代型税理士の仕事術

世界3大言い訳

From:高名一成

 

「時間がない」「お金がない」「自信がない」

 

この言葉は「世界3大言い訳」って言われてます。知っていましたか?

 

これは、何か新しい行動をしなければいけない時に、言い訳を言って後回しにする理由の世界top3です。

 

一般的には仕事のできない人が使う言葉だと言われています。

 

ヤバイ!使ったことあると思った人も多いはず。でも、ご安心を。

 

なぜなら、この言葉を使ったことがない人はたぶんいません。
僕も全て使ったことがあると思います(笑)

 

今ではもう使うことがほぼ無い言葉ですが(使わない様にしているということです)、油断していると、ついつい言ってしまいそうになることもあります。

 

でも言わない様にしているだけではダメなので、本当に使う必要がない状態を作ることが大切ですよね。

 

「時間がない」は、成果が出る仕事にフォーカスする/レバレッジの高い仕事をする

 

「お金がない」は、コスト削減する/売上を増やすorお金が残る売上の増やし方をする

 

「自信がない」は、テストとしてチャレンジする/失敗してもいい仕組みにする

 

などの対策をとることで「世界3大言い訳」を使う必要がない状態を作ることができるはずです。

 

そして、これらの言い訳は税理士事務所だとコンサル業務をやると、使うことが無くなるはずです。

 

なぜなら、コンサル業務は報酬が高いからです。

 

なので当然利益が増えます。そうすると、お金が残る様になります。そして少ない件数で大きな売上を作ることができるので、レバレッジも効きます。

 

その分、手間の割に売上が少ない業務はやらないという選択をすることができるので、自然にコスト削減にもつながるはずです。

 

以前月額20万円のコンサル業務と月額5万円の税務顧問の生産性の比較をしたことがありました。売上で見ると4倍の差ですが、業務にかかる時間まで入れて計算したら、確か6倍近くコンサルの方が生産性が高くなりました。

 

つまり、コンサル業務をやると売上の差額以上に生産性が高くなるということです。

 

やり始めは、多くの時間をとられるかもしれませんが、慣れないうちは時間がたくさんかかるのはどんな仕事でも一緒なので仕方がありません。

 

なので、これをきちんと進めれば、「時間がない」とか「お金がない」とかという状態から抜け出せそうですね。

 

あとは、「自信がない」という問題ですが、これがけっこう難しいんですよね。僕はいろんな人に「コンサルをもっとやりましょう」と言いますが、みんな口を揃えて「時間がない」と言います。

 

ですが、それはウソです。

 

実は本当は「自信がない」から進められないことが多いのです。お酒を飲み、酔った時だけそんな本音をポロッと話てくれます。

 

でも、今までやったことが無ければ、それは仕方のないことだと思います。

 

なので、僕はそういう時には、

 

「テストのつもりでやるといいですよ」

 

と話をしています。

 

出来るか出来ないかは「テスト」してみないと分かりません。
僕も新しいことをやる時は「テスト」のつもりでやります。

 

失敗しても別にいいと思っているくらいです。もちろん最大限失敗しないようにしますし、想定されることは事前に対策を講じておきますが。

 

失敗を恐れて何も進まないよりかは、失敗してもいいので行動をした方がはるかにいいに決まってます。

 

なので、もしあなたも「自信がない」と思っていたらテストのつもりで始めてみてください。そして、世界3大言い訳とはおさらばしましょう!

 

ー高名一成

PS.
実はこの税理士事務所の職員さんもコンサルをやる時、自信が無く不安で不安で仕方がなかったようです。

https://marketing-ia.jp/400agency/

いつもと同じ退屈な毎日に飽きている人へ!前のページ

安くコキ使われて、会社もボロボロです、、、次のページ

関連記事

  1. 次世代型税理士の仕事術

    成功している人の行動原則

    From:高名一成「与える人が、与えられる…

  2. 次世代型税理士の仕事術

    人時生産性を高めるには日常生活から

    From:高名一成眠い、、、。この記事…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    駆け出しコンサルタントがやってはいけないこと
  2. 経営戦略

    アメリカで起きたことは日本でも起きる
  3. 営業

    熱いお客さん、冷たいお客さん
  4. 次世代型税理士の仕事術

    Gackt、62連勝の秘密
  5. 経営戦略

    事務所を差別化する方法
PAGE TOP