営業

うまくいく営業の始め方とは?!

from 福元友則

 

税理士さんからどうやって営業をはじめればいいかわからないという相談をよく受けます。

 

専門家の多くは営業を苦手としています。

 

その理由はいくつもあります。

 

そもそも営業を習っていないといっている専門家もいました。

 

ですが、多くの営業が得意な社長もきっと営業を習ったということはないでしょう。

 

彼らは実践から学んでいっているのですから。

 

専門家が営業が苦手な理由の1つに専門知識がありすぎるという問題があります。

 

例えば先生が税務の話を社長にするときのことを思い浮かべてください。

 

先生がどれだけわかりやすく税制について話をしてもおそらく社長は理解できません。

 

それは体系だった専門知識を持っている人と全くその分野の知識がない人では情報格差が激しいからです。

 

でこれが顧問先とのやり取りであれば、先生におまかせしますで済みます。

 

ですが営業だった場合、専門分野の専門知識について話をしすぎるとほぼ失敗に終わると思っておいてください。

 

では、うまくいっている人は何を話ているのかというと、、、

 

それはお客さんの感じている問題についてです。

 

問題とは、お客さんの興味関心をひくための釣り針やフックだと思ってください。

 

問題を話すことで、世間一般のことではなくお客さんの問題について話をすることでお客さんを営業に引き込むことができるようになります。

 

逆にいうと問題について話をできないとお客さんはダラダラ世間話をしていると受け取られ話の長い人だと思わるだけです。

 

でも、問題について話をしているつもりだけどなかなか営業がうまくいかない人もいます。

 

そういう人の話を聞いていると、専門家が問題だと思うことについて話をしているケースが多いです。

 

そうではなく、お客さんが問題と感じていることについて話をしましょう。

 

思い出してください。

 

問題とは話に引き込むために、お客さんを営業に引き込むための、釣り針でフックなのです。

 

ですから、お客さんがくいついてくる内容でなくてはいけません。

 

人は誰でも自分の問題を解決したいと思っています。

 

特にその問題が深刻であれば深刻であるほどにそうなっていきます。

 

ですから、お客さんがくいついてきていないなと感じたら、たぶんそれはお客さんの感じている問題ではなく、押し付けられた問題なのです。

 

営業の場面では、お客さんの問題を探すようにしてください。

 

そうすれば、お客さんと自然に営業の話をできるようになっていきますよ。

 

ぜひお試しください。

 

言ってることが伝わらないのはこれが原因?!前のページ

税理士が営業でできていないのはこれ?!次のページ

関連記事

  1. 営業

    税理士と相性抜群の営業の仕組み

    From:高名一成先日、あるクライアント事…

  2. 営業

    これやる前に商談をしちゃダメ!

    From:高名一成先日ある営業マンとあった…

  3. 営業

    Gotoキャンペーンから学ぶ営業力をつける方法

    From:高名一成Gotoキャンペーン使い…

  4. 営業

    お客さんに感謝される営業のやり方

    From:高名一成明日が待ち遠しい。…

  5. 営業

    この集客のやり方、どう思う?

    From:福元友則お客さんのところで集客の…

  6. 営業

    深夜の当然の来客から学ぶマーケティングに秘訣とは?!

    from 福元友則先日の深夜の当然の出来事…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    モテる男の必須条件「清潔感」って説明できる?
  2. 経営戦略

    コロナウイルスの事業者対策の情報シェア
  3. 経営戦略

    経営の難しさ
  4. 経営戦略

    AI時代に生き残る仕事チェックリスト
  5. 次世代型税理士の仕事術

    成果を出す人の学習術
PAGE TOP