経営戦略

ヒヤリングで聴くべき2つのこと

From:高名一成

 

営業ではヒヤリングがとても大切です。

 

これが営業工程の中で一番大切だといっても過言ではありません。営業とは問題解決方法の提供だからです。

 

見込み客の問題が分からなければ解決方法を提供しようがありません。ですから、相手の問題を見つけるためにヒヤリングが必要なのです。

 

そこで、相手が解決したい問題を見つけ、それをお客さんにとって最適な方法で解決できる提案ができれば営業はうまくいきます。

 

つまり、ヒヤリングとは見込み客の問題を見つけることがゴールなのです。

 

ただし、見込み客に直接問題を聴いてもきちんした答えは出てこないことがほとんどです。なぜなら、見込み客自信が問題を理解していないことが多いからです。

 

それに考えている問題がプロから見ると関係ないことを問題として捉えていることもあります。

 

だから、ヒヤリングでは問題を直接聴くような質問はあまり意味はありません。

 

見込み客の問題を見つけるためのヒヤリングで聴くことは次の2つです、、、

 

ヒヤリングで聴くべき2つのこと
それは「悩み」と「願望」です。

 

悩みは今どんなことで困っているのか、何に対してイライラするのか、どんな不安や心配があるのか、ということです。

 

願望はどんな状態になりたいか、何を手に入れたいのか、ということです。

 

ヒヤリングではこの2つを聴き出してください。

 

この2つの間にあるもの、つまりこのギャップが「問題」になってきます。

 

実際には大抵の場合、悩みと願望はハッキリしていますが問題は明確になっていません。

 

でも、僕たちや税理士であるあなたはその道のプロです。プロから見れば問題がハッキリ見えてくるはずなので、ヒヤリングでは悩みと願望さえ分かればいいのです。

 

ヒヤリングでは順番に気をつけよう
見込み客との関係性にもよりますが、ヒヤリング時には聴く順番に気をつけましょう。

 

基本的には願望から聴いてください。

 

理由は単純で悩みはいきなり聞きづらいからです。

 

自分の弱みを見せたい人はあまりいません。関係性が浅い場合、かなり慎重に質問していかなければ相手がイヤに気持ちになってしまうこともあります。

 

ですが、反対に願望を聴くのはカンタンです。夢や目標を聴くことはカンタンだし、効かれてイヤな気持ちになる人もあまりいません。

 

だから、願望に対する質問を始めにしてください。願望とは未来の話しです。その話しを膨らませてから、現在の話しにスイッチしてください。

 

現在の話しにスイッチすれば、大抵悩みや問題の話しに自然と切り替わりますから。

 

ヒヤリング自体は順番に気をつけさえすれば、あまり難しくはありません。

 

そこから問題を見つけるのは僕たちのプロとしての腕の見せ所です。

 

営業でヒヤリングする時にはこの様なことに気をつけて問題を見つけていきましょう!
そして、いい営業をしてください!

 

ー高名一成

先生が飲食店をやるとしたらどんなお店を出しますか?前のページ

優れるな、異れ!次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    M-1から学ぶマーケティング戦略

    from 福元友則M-1グランプリ2019…

  2. 経営戦略

    セミナーや勉強会でみんなやってなくて損してること

    From:福元友則先日、横須賀で商売繁盛の…

  3. 経営戦略

    ピンチはチャンス?!

    from 福元友則ビジネスをしていれば大小…

  4. 経営戦略

    闇営業されないために、、、

    From:高名一成最近、お笑い芸人の「闇営…

  5. 経営戦略

    業界No.1の会社の考え方(金言)

    From:福元友則ずいぶんと寒くなってきま…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    最近こんな税理士が増えてきました
  2. 経営戦略

    ホリエモンが考える成功する社長に欠かせないこととは?!
  3. 経営戦略

    5億円のお酒
  4. 営業

    営業の生産性をあげるポイント
  5. 次世代型税理士の仕事術

    スキルと○○が大事
PAGE TOP