経営戦略

目標にむかって1歩1歩進む

From:福元友則

 

GWが終わりましたね。
旅行に行かれた方や、ゆったり過ごしたかたなどGWが一番過ごし方が様々かと思います。少し気の早い話ですが、来年は10連休になるのでは?なんて話もあります。

 

楽しみ?うんざり?

 

僕は毎年GWの間に京都の伏見稲荷に行くことにしています。伏見稲荷に行くようになってから10年近くになりますが、今年が一番混んでいました。近隣も含めた駐車場の10倍ぐらいの車がやってくるらしく駐車するのにも一苦労。

 

外国人が選ぶ観光地でも4年連続No.1に選ばれてるみたいで大人気です。
千本鳥居は絶景ですしね。

 

なぜ伏見稲荷に毎年行くのかというと、パワースポットだからというのもありますが、伏見稲荷は稲荷山全域にありまして、ほとんどの人は奥院と呼ばれる場所で引き返してしまうのですが、僕はその奥に広がっている神域を巡っているからなのです。

 

奈良時代に稲荷神が降りたったと言われてる稲荷山。
この山をぐるりと参拝するお山めぐりができる巡礼の道があります。

 

全長4kmほどらしいのですが、時間にするとだいたい2時間弱ぐらいかかります。

 

この道中を色々考え事をしながらひたすら登ったり降りたりしています。高さが250m近くあるので、ほとんど黙々と歩き続けてるだけなのですが、それでも途中何かが思い浮かんでは消えを繰り返しています。

 

ゴールするとやりきった爽快感と満足感がものすごいのですが、行く前はまあまあ憂鬱。しんどい思いをするわけですからね。

 

なのでゴールを目指して、ひたすら次の1歩を進む。
これを繰り返すだけです。

 

ゴールが決まってなかったら何のためにこんなことしてるのかなと疑問になるでしょうね。またそのゴールが自分の望んでいるものでなかったら、やっぱりなんでこんなしんどい思いをしてるのかと疑問になると思います。

 

毎年1時間30分で1周すると決めてます。

 

すると時間を気にしながら、1歩、次の1歩と足をひたすら進めるだけです。

 

道中がしんどければしんどいほど、ただひたすら1歩、また1歩と進めるだけでいいかどうかは重要だと思います。

 

他にこと考え始めたら、やめる理由なんてどれだけでも見つけれてしまいますから。

 

これは経営でも一緒で、普段から目標を意識してなんてことをやってるとほとんどの人は疲れてしまいます。

 

なのでそうならないように、目の前の集中する1歩(アクションプラン)をあらかじめきめておいて、それをこなすことに専念することが目標達成には重要です。

 

それをやっておけば、あとは定点観測をするときにいつにどんなスコアを出してればOKか決めて確認するようにしておけば、順調なのか、遅れているのかわかるようになります。

 

このことを思い出すための時間として、伏見稲荷のお山めぐりをしているのですが、まだ行ったことのない人はぜひ行ってみることをおすすめしますよ!

 

ー福元友則

休ませてあげてください前のページ

基礎と応用次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    最近よく相談を受けること

    From:福元友則最近は税理士事務所の差別…

  2. 経営戦略

    コロナ時代に成長するための重要なキーワード

    From:高名一成先日、税理士事務所のため…

  3. 経営戦略

    「売上が増えました!」

    from 福元友則経営におてい重要なことに…

  4. 経営戦略

    事務所を大きくしてはいけない

    From:福元友則今日の話は、事務所を大き…

  5. 経営戦略

    経営者の仕事は不自然な状態を作り出すこと

    From:福元友則最近とても素晴らしいコン…

  6. 経営戦略

    お客さんのニーズを知る3つの要素

    From:福元友則今、税理士業界は次の収益…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    ミシュランに学ぶ業績アップのヒントとは?!
  2. マーケティング

    多くの人がかかっている病気
  3. 経営戦略

    コロナ時代にやるべきではないこと?!
  4. 次世代型税理士の仕事術

    ワークライフバランスってどう思います?
  5. 経営戦略

    コロナから見えてきたビジネスの教訓
PAGE TOP