経営戦略

税理士が儲からなくなっている理由はこれ!

From:高名一成

 

以前ウチから無料プレゼントしていたガイドブックを作る時に1件の税務顧問にかかるコストについて調べました。

 

顧問先あたりにかかっている、職員の時給、入力業務(パートさん)、決算業務、所長のマネジメント料などから試算すると1件あたり約24万円かかっていることがわかりました。

 

今1社あたりの平均顧問料は約30万円だと言われています。

 

そのうち24万円がコストとしてかかっているということは労働分配率は80%という計算になります。

 

サービス業の適正分配率が60%と言われている中、現在は異常値です。

 

税理士事業は年々儲からなくなってきていると言われていますが、その原因の1つがまさにこれです。

 

そして、この24万円というコストを適正の60%にしようと思うと顧問料を約50万円にしなければいけません。

 

しかし、現在の税理士業界は顧問料を50万円に増やすより、業務効率化することで適正化しようとしています。

 

24万円のコストを下げようとしているのです。

 

もちろん、クラウド会計、RPAなどのテクノロジーを駆使すれば適正化はできるはずですし、やった方がいいでしょう。

 

しかし、どんなことでもそうですが、減らすという行為には限界があるので、業務効率化のためにやれることはすぐに無くなってしまいます。

 

税務顧問はこれからも値下げ傾向にあるので、業務効率化だけでこの問題を解決するのは構造的に不可能です。

 

この問題の本質的な解決は顧問料を増やすことにあります。

 

この方向に舵とりをしないと、事務所は儲かりません。

 

ただ、税務顧問を単純に値上げするのは正直難しいでしょう。

 

単純に値上げをすれば顧客離れは起きるので得策ではありません。

 

ですから、税務顧問という「商品」を値上げするのではなく、顧問先あたりの「客単価」を高めるという風に考えてください。

 

客単価はを高めるのは商品の値上げではないので、顧客離れは起こりません。

 

客単価を高めるためには税務顧問以外の商品が必要です。

 

その商品を顧問先に提供し、2階建て報酬にして客単価、つまり顧問料を高めていく。

 

税理士事業はこれをやらなければ、労働分配率が適正化されず、儲かるようにはなりません。

 

顧問先が増えたら儲かると思っていたのに、儲かっている気がしない…忙しくなっただけじゃないか…

 

と思っていた方はきっとこれが原因になっている可能性が高いので、ぜひ顧問料を増やすことを検討してください。

 

これが本質的な問題解決となります。

 

ー高名一成

 

 

社長が経営計画を作りたがらないのはこれがないから?!前のページ

最近の税理士事務所の動向と12月にやるべきこと!次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    目標達成のための3つのキーポイント!

    from 福元友則新年に今年の目標を考えた…

  2. 経営戦略

    2021年は◯◯元年にしましょう!

    From:高名一成あけましておめでとうござ…

  3. 経営戦略

    経験者を採用する?未経験者を採用する?

    From:高名一成もし、あなたが新しく人材…

  4. 経営戦略

    最近色んな先生とお話ししていて感じたこと!

    from 福元友則2023年は税理士事務所にとって…

  5. 経営戦略

    売上が増えても儲からない会社の特徴

    From:高名一成今日は前回の話しの続き。…

  6. 経営戦略

    ウェビナーやります!

    From:高名一成今度ウェビナーをやろうと…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    成果を出す人、成果をあげ続ける人は何が違うのか?
  2. 経営戦略

    成長している事務所を見ていて思うこと!
  3. 経営戦略

    成功する人はリスクをとる人?とらない人?
  4. 経営戦略

    セシルマクビーに学ぶ経営戦略とは?!
  5. 営業

    初対面のセールスマンにたくさん売られました
PAGE TOP