営業

営業や人脈構築の時に気をつけること

From:福元友則

 

先日、税理士法人大樹のバーベキューに呼んでいただいたので参加してきました。

 

五藤先生が挨拶の時に「何があってもこのバーベキューはやり続けます。」とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

スタッフの方はもちろんのこと、取引のある業者さんがたくさんいらっしゃっていてとても賑やかな会でした。

 

中には、久しぶりにお会いする方もいて色々と情報交換をしたりなど、有意義な時間となりました。

 

大樹さんの経営理念は「幸せ」です。

 

五藤先生がとても大事にされていることが「人とのご縁」そして「関わる人の幸せ」です。

 

ですから、こういう人たちが集まってくるんだなと思いながら参加者の方を見てました。

 

また取引先やお客さん同士を積極的に交流させてもっと商売繁盛してほしいという姿勢もすごく感じます。

 

そんなことを思っていたら、ふとある本のことを思い出しました。

 

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代という本です。

 

この本かなりの良書なのでまだ読んでない人はぜひ読んでみてください。

 

この本は、世の中にいる3種類の人、テイカーとギバー、マッチャーのうち誰が1番成功しているのかをテーマに書かれている本です。

 

テイカーというのは、常に人から何か奪ってやろうと考えている人のことです。

 

一般的なイメージでいうと、ギラギラした営業マンという感じです。

 

それに対してギバーは、常に人に何をしてあげれるかを考えているタイプの人です。

 

マッチャーは、その中間、常に奪ったりもらったりを考えているわけでもなく、常に与えることを考えているわけでもない、ギブアンドテイクで動く人のことです。

 

成功している人に割と多いのが、テイカーらしいです。

 

というのも、テイカーはギバーから常に奪うことに成功するのでその結果成功していくのだそう。

 

ですが、それはそこそこの成功にしかならないとのこと。

 

ユニークなのは、1番成功するのも、1番成功しないのもギバーなのです。

 

人の購買心理でも「返報性の法則」があります。

 

もらったら返さなければいけないと感じる法則のことで、マッチャーの人は完全にこのタイプです。

 

ですから、ギバーの人はテイカーばかりを相手にすると成功から遠くなり、マッチャーやギバーを相手にすると成功に近づいていくことになります。

 

人に会う時には、相手に何ができるかという貢献の意識を強くもって色んな人に会うことをおすすめします。

 

営業となるとどうしても相手から何かを得るという意識が強くなってしまう人もいますが、ギブアンドテイクをイメージして営業していく方がうまくいきますので。

 

ー福元友則

強すぎる!?税理士事務所の売上構成前のページ

反応のない広告に書いてあること次のページ

関連記事

  1. 営業

    コンサルの営業に必要なこと

    From:高名一成ひとつの実績や事例が業績…

  2. 営業

    断られない営業

    From:高名一成営業には2つのやり方があ…

  3. 営業

    相見積やコンペで勝つにはコレ?!

    from 福元友則営業について相談を受ける…

  4. 営業

    法人営業にはB2Bマーケティングを!

    From:福元友則以前はマーケティングにB…

  5. 営業

    競争を勝ち抜く方法

    From:福元友則税理士業界も最近ますます…

  6. 営業

    断る勇気

    From:高名一成営業が嫌い、あるいは苦手…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    嵐のリーダーの名言
  2. 経営戦略

    今年のお盆休みの過ごし方とは!?
  3. 経営戦略

    最近の税理士事務所の動向と12月にやるべきこと!
  4. マーケティング

    多くの人がかかっている病気
  5. 次世代型税理士の仕事術

    コロナの影響でジブリ美術館も閉館だそうです、、、
PAGE TOP