経営戦略

顧問先の一番の関心事

From:高名一成

 

昨日はマーケティングコンサルティングスタートアップセミナーでした。(一部のお客さんにしかお知らせしていないものです)

 

スタートアップセミナーと言うくらいなので、これからコンサルをやりたい人向けの内容です。

 

はじめに、冒頭にコンサルをやりたい理由を参加者の方に話してもらいました。

 

やりたい理由はみな口を揃えて同じでした。

 

それは、「お客さんの関心事が売上だから」ということでした。

 

具体的には、普段の巡回監査で税理士として税金や財務の話しをしていても、お客さんの関心は売上や運転資金にあるそうです。だから、毎月、話しの中心は売上に。でも、自分は専門家ではないから、売上に関してアドバイスしてあげられない、、、。

 

こんな、歯がゆい気持ちを解決するために、顧問先をもっと良くするために売上のアドバイスできるようにならなければいけないと感じたようです。

 

これはこのセミナー参加者だけではなく、あなたも感じたことがあるはずです。

 

なぜなら、中小企業の社長の一番の関心事は売上だからです。

 

例えば、日本政策金融公庫が発表している中小企業の社長が経営基盤の強化に向けて注力する分野という資料では一番が「営業の強化」になっています。

 

つまり、これは営業を強化することで売上を増やしたいと強く考えているか、営業面に問題を抱えているということになります。

 

こういった背景があるから、顧問先の社長と話しをしていると売上の話しになってしまうのです。

 

だから、これから顧問先を良くしていくために、顧問先の満足度を高めていくためには、売上のアドバイスもできるようになる必要があります。

 

これは税理士事務所の経営の観点からも検討してみた方がいいことです。

 

なぜなら、税理士事務所は事務所のマーケティングを考えたときに一番やらなければいけないことは、収益商品を作ることです。単価が高く、売れたら儲かる商品がマーケティング上、必要なのです。

 

今だと、税務顧問という安価で手間のかかる商品が売上構成のほとんどを占めています。

 

安価なものは売っても売っても、あまり儲かりません。だから儲けるための収益商品を売らなければいけません。

 

安価な商品で集客し収益商品を売って儲ける。儲かる経営をするためにはこの2つのことが必要なのです。

 

この収益商品として売上のコンサルは最適です。自分たちの収益商品にもなるし、お客さんからも求められているからです。

 

もし、あなたの事務所に収益商品が無ければ、売上のコンサルを1つの選択肢として考えてみてください。

 

ー高名一成

マーケティングの4Pを税理士業界にあてはめてみました!前のページ

参院選から学ぶどんどん成果が上がる仕事術次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    新規の顧問契約は断っています

    From:高名一成「新規の顧問契約は断って…

  2. 経営戦略

    専門家になるのに必要なのはどっち?

    From 福元友則「私たちが学ぶ理由は、私…

  3. 経営戦略

    顧問先にアドバイスするためにやってください!

    From:高名一成先日、商売繁盛の会のプレ…

  4. 経営戦略

    その決算説明、顧問先の役に立っていますか?

    From:福元友則「財務データをみて会社を…

  5. 経営戦略

    次世代型税理士の集客術

    From:高名一成先日、ある飲食店で食事を…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    有事に税理士事務所ができること!
  2. マーケティング

    なぜ、あの営業マンはいつも値引きされるのか?
  3. 経営戦略

    コロナショックの資金繰り対策まとめ(3/31現在)
  4. 営業

    コロナ以降の売れる営業に共通すること!
  5. 経営戦略

    win-winとは何か?
PAGE TOP