経営戦略

顧問先を大事にしてますか?

From:福元友則

 

「新規を獲得するよりも顧問先に満足してもらって顧問料をあげてもらうほうがいいですよね?福元さん」

 

コンサル先でこんな質問をもらいました。

 

営業の話をするとどうしても新規、新規となりがちです。
でも別に新規を増やすことだけが売上を増やす手段ではありません。
新規顧問先を増やさないと売上が増えないわけではないのです。

 

顧問料をあげてもらったっていいわけです。

 

しかも顧問料アップの方がかんたん。

 

マーケティングの定説では「新規客に売るのは既存客に売るのの10倍難しい」と言われています。

 

例えば、セミナーで売る場合、既存客10人相手に1つ売れたとしたら新規客相手にすると100人必要になるということです。

 

売るのも大変だけど集めるのも大変だよねってなりますよね。

 

よくこんな相談も受けます。

 

「顧問先は何を言っても聞いてくれないから、新規に売りたいんですよ。」

 

新規に売るのが悪いわけではないんですよ。
ただあくまで大変になる可能性が高いってだけのことで。

 

顧問先にだったらお金をもらいながらセールスできるじゃないですか?!
巡回監査とかで毎月あって話できるわけですから。

 

でも新規に売ろうとしたら、まずアポどりからですし、商談に進む前に信頼構築とか関係構築とかも必要になってくるので、神経も使いますし時間もたくさんかかると思って間違いないです。

 

営業が好きで好きでたまらないという人なら楽しくて仕方ないんだろうと思いますけど、そういう人も少ないと思いますし。

 

なので新規より顧問先相手に売上を作る方がいいと思います!

 

(これって税理士事務所の非常に大きな強みなんですよ。
でもこの強みをうまく活かせている事務所はほんと少ないです。)

 

先ほどの顧問先が何を言っても聞いてくれないんですよね、、、
という状態なら、それは顧問先への教育ができていない可能性が高いです。

 

顧問先で今の経営状態に満足していて、もう完璧なんて思っている社長はいませんよね?!少なくとも僕は会ったことがありません。

 

(はたからみて優良企業であればあるほど、社長は経営の課題を見抜くスキルが高いことが多いからです。)

 

逆のケースでは、社長は経営状況がよくないのはわかっていても、何が課題なのか?、もしくは、どの課題から手をつけていいのか?わかっていません。

 

こういうことは教えてあげることをマーケティングでは教育と呼んでいます。

 

顧問料をアップするとは、顧問先にこうしたことを教えてあげて顧客満足を高めることで実現することができます。

 

顧問先も喜んでくれますし、もちろん先生も顧問料アップして嬉しい。
win-winの関係です。

 

顧客満足を高める、ぜひやってみてください!

 

ー福元友則

営業+α前のページ

なぜ、集客は難しいのか?次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    顧問先が潰れた!

    From:福元友則税理士業を何年もやってい…

  2. 経営戦略

    もう、疲れました、、、

    From:高名一成お客さんは自分が欲しいと…

  3. 経営戦略

    成長している事務所を見ていて思うこと!

    from 福元友則成長している会社に共通す…

  4. 経営戦略

    売上が増えても儲からない会社の特徴

    From:高名一成今日は前回の話しの続き。…

  5. 経営戦略

    事件はスタバで起きた!!

    From:福元友則先日、マーケティングの名…

  6. 経営戦略

    新規ビジネスをはじめる前の注意点!

    from 福元友則新規事業をはじめる時や新…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 次世代型税理士の仕事術

    税理士がコンサル業務を進めるためにはコレが必要!
  2. 経営戦略

    自宅にAIがきました
  3. 経営戦略

    成長産業から学ぶ税理士の生き残り戦略
  4. 経営戦略

    今、自分たちにできることは何ですか?
  5. 営業

    ある税理士さんのストーリー
PAGE TOP