営業

営業+α

From:高名一成

 

僕たちはコンサルティングをするときまず目標を作ってもらいます。

 

どれくらいの利益が欲しいのか、そのためにはどれくらいの売上が必要なのか?何の商品をどれくらい売るのか?こんなことを考えてもらいます。

 

そして、その目標を達成するために必要な企画を考えてもらい、その企画の進捗管理や方向性の修正といったことをやっています。

 

以前、ある会社のコンサルしていた時の話。

 

その会社のあるスタッフには1年で新規客を30件獲得するという目標がありました。

 

これは、けっこう大きな目標だったのでスタッフも自信が無さそうな感じでした。

 

でも、新規客を獲得して将来的に、そのお客さんに単価の高い商品を販売していきたいという狙いがあったので、これはマストでやらなければいけない目標でした。

 

で、その目標を達成するための企画をどう考えているのかを聞いてみました。

 

すると、、、

 

+αで考えよう
紹介で増やそうと思いますということでした。

 

見込み客を紹介してくれそうな関係先をリストアップして、そこを重点的な営業対象とするとのこと。

 

具体的には、直接紹介を依頼したり、こちらから先に仕事を振ることで後から見込み客を紹介してもらうという形で、その恩を返してもらおうということでした。

 

僕はそれを聞いて上手くいきそうな気はしませんでした・・・。

 

なぜなら、紹介とはこちら側からコントロールできることではありません。

 

紹介してれくる人は普段の関係性や提供している商品に信頼性があるから紹介しれくれます。それでも数件の話です。

 

しかも紹介はなかなか仕組みにしずらいというデメリットがあります。人間関係があるから紹介してもらえるわけなので、部下や後輩に同じやり方を教えて再現性をもたせることはかなり難しいはずです。

 

こういった理由から目標達成をすることを考えた時には紹介は+αで考えることをオススメしています。つまり紹介もらえたらラッキー程度です。

 

考えなければいけないことはどうやったら直接販売できるかということです。

 

なので、売ろうとしている商品は誰の何の問題を解決している商品なんだろう?どうやったら見込み客に知ってもらうことができるだろう?どんなセールストークで営業すればいいだろう?

 

こういったことを考え企画を作る必要があります。

 

逆にこれをきちんとやっていけば、必然に紹介してもらえる機会が増えてくるはずです。

 

そうすることで、営業の成約数は「営業活動+紹介」となります。
でも紹介だけやっていると、営業の成約数は「紹介」のみとなります。

 

どちらが、より目標達成に近づけるかは明白です。

 

「紹介は+αで考える」今後、企画を作る上で、参考にしてみてください。

 

ー高名一成

PS.
ちなみに、目標が少ない場合や新規事業の立ち上げの場合などは、紹介の方が圧倒的に早いです!

AIの専門家になりました!前のページ

顧問先を大事にしてますか?次のページ

関連記事

  1. 営業

    営業されない人は営業がヘタ

    From:高名一成そういえば、前々回の記事…

  2. 営業

    おぎやはぎ小木さんとセンチュリー

    From:高名一成昨日、お昼に昼食をとりな…

  3. 営業

    オンラインセールスでやってはいけないこと

    From:高名一成前回の記事では売れる提案…

  4. 営業

    2つのオンラインセールス

    From:高名一成最近、お客さんや仕事関係…

  5. 営業

    専門家に必要なのはセールス、マーケティング?

    From 福元友則「決して売り込みをしては…

  6. 営業

    税理士がやってはいけない営業

    From:高名一成営業には2つのタイプがあ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    ひとつ上のステージを目指すときに読みたい10の言葉
  2. 経営戦略

    11月中にやっておいたほうがいいこと
  3. 経営戦略

    1億円コンサル事業のファーストステップとは?
  4. セミナーのやり方

    続!セミナーのよくある3つの間違い
  5. 営業

    クラウド会計から見えてきた営業をうまくやる方法
PAGE TOP