経営戦略

税理士事業の最優先課題はこれ!

From:高名一成

 

最近、ウチのオンラインサロンに新しく入会された先生とにzoomセッションが続いています。

 

このセッションは対面でのご挨拶とオンラインサロンのサービス説明を目的としているんですが、それと同時になぜ入会されたのか?オンラインサロンに期待することは何か?

 

といったこともうかがっています。

 

するとほとんどの先生が「今後は顧問料単価を高めたい」とおっしゃっていました。

 

そこで、なぜそう考えているのかを聞いてみると、ある先生は、

 

「新規が増えなくなってきた」
「だから顧問料単価を高めて売上を増やす方にシフトする」

 

と言っていました。

 

ここ数年、新規が増えなくなってきたという先生が増えてきています。

 

特に紹介をもらう件数が減っているそうです。

 

なかには紹介会社と契約しても全然紹介がもらえないという先生もいました。

 

今は新規を増やすのがとても難しい時代です。

 

企業数は年々減っていてここ30年で40%減っています。

 

パイが減れば増えなくなるのは当然の話ですが、それに加えて営業に力を入れる事務所が増えているので競争も激化しています。

 

新規獲得の動線が紹介しかない事務所は今後も厳しい状況が続くでしょう。

 

そこで考えなければいけないことは新規を増やすための営業の仕組みを作ることと、顧問先の顧問料単価を高めることです。

 

今後事務所を伸ばしていくためにはこの2つのことをやる必要があります。

 

どちらを優先するかと言えば、顧問料単価を高める方を優先するべきです。

 

理由は2つあって、1つは顧問料単価を高める方が簡単だからです。

 

新規獲得は取引のない見込み客に対してやることですが、顧問料単価は取引をしている既存客にやることです。

 

営業で一番難しいのは初回の販売です。

 

見込み客を探して、見込み客と信頼関係を作って、見込み客のタイミングやニーズに合わせた営業をしなければいけません。

 

やるべきことも多いし、やることの難易度も高いのが初回の販売です。

 

しかし既存客であれば、信頼関係はできているしタイミングやニーズも把握しやすいので売るのは比較的簡単です。

 

難しいことより簡単なことからやることをおすすめします。

 

2つ目の理由は顧問料単価を高めることで新規獲得はうまくいくからです。

 

新規獲得はよそより安い価格で広告を使ってやるのでコストがかかります。

 

コストをかければかけるほどうまくいくのが新規獲得です。

 

できるだけ安くやろうとか中途半端な投資だとうまくいきません。

 

顧問料単価を高めることができていれば、このコストを捻出することができます。

 

それから、後から高くできるからこそはじめに投資できるものです。

 

後から高くできないのであれば投資なんてできるわけありません。

 

こういった理由から顧問料単価を高めることから取り組むことをオススメします。

 

顧問料単価を高めることは会計事務所の最優先課題であり、これに取り組むことで事務所はグングン成長していくでしょう。

 

ぜひこれからの経営戦略の中の最優先課題として考えてみてください。

 

ー高名一成

PS.
今後の励みになるのでメルマガの感想や質問をいただけないでしょうか?
面白い質問は今後のテーマにさせていただきます!

https://huow7d66xif.typeform.com/to/Z7Z46eHJ

 

 

 

 

業績がいい税理士事務所に共通することとは?!前のページ

言ってることが伝わらないのはこれが原因?!次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    税理士事務所が今年中にやらなければいけないこと

    From:福元友則昨日、高名が大塚家具の身…

  2. 経営戦略

    資産家から脱落した人はみんな同じパターン?!

    from 福元友則ビジネスインサーダーを見…

  3. 経営戦略

    顧問料をアップするカンタンな方法

    From:高名一成「値決めは経営である」…

  4. 経営戦略

    みんなが仕事を辞めたくなる3つの理由

    From:福元友則昨日の懇親会で「仕事が楽…

  5. 経営戦略

    顧問料を上げるカンタンな方法

    From:高名一成既存客の客単価アップをし…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    MAS監査担当者がやった売上アップのアドバイス
  2. 経営戦略

    小口取引と大口取引、業績を伸ばすにはどっちが大事?
  3. 経営戦略

    きっと顧問先はこれをやっていません
  4. 次世代型税理士の仕事術

    鬼滅の刃から学ぶ専門家のあり方とは?!
  5. 経営戦略

    狂ってしまう飲食店の特徴
PAGE TOP