経営戦略

どうやったらこの商品売れるようになりますか?

from 福元友則

 

「どうやったらこの商品、売れるようになりますか?」

 

このような相談をいただくことがあります。

 

自分の商品をお客さんが欲しくなるようにする。

 

マーケティングをこういうふうに使おうとしている社長からです。

 

「どうやったらこの商品を待っているお客さんに届けられますか?」

 

こんな相談をいただくこともあります。

 

お客さんの欲しがるものを作ったからそれを知らせるためにマーケティングを使おうとしている社長です。

 

どちらの社長がうまくいきやすいと思いますか?

 

当たり前のように感じるかもしれませんが、お客さんが欲しがるものを作るのが商売の基本でありマーケティングの基本でもあります。

 

ところが自分がいいと思ったものを作るとか、
自分ができるものを作るとか、
誰かがきっと欲しがるだろうという憶測で作るとか、
こういう理由で作られたであろう商品、サービスをよく見かけます。

 

こういう相談をよく受けます。

 

ビジネスがうまくいかない理由は、商品が売れないことです。

 

自分が持っている資金が尽きるまでにお客さんが欲しがる商品を用意できないと、そのビジネスを辞めることになってしまいます。

 

商品が売れない理由は、そもそもお客さん側にその商品に対するニーズがないことが多いのです。

 

もちろんニーズさえあれば、売れるのかというとそうとも限りません。

 

売り方がまずかったりすると売れませんので。

 

ですが、そもそものニーズがなければ売り方がうまかったとしてもどうにもなりません。

 

ここでいうニーズとは、その商品へのニーズではなく、その商品が提供できるメリットなどへのニーズになります。

 

商品選びの時点で儲かりにくいビジネスになってしまっているのです。

 

マーケティングの基本として、できるだけ多くの人が欲しがるものを作りこと、
そしてそれをできるだけ多くの人に届けれるようにすることというのがあります。

 

ここからはずれると少しずつビジネスが難しくなっていきます。

 

まずはお客さんは誰か?です。

 

そしてそのお客さんのニーズは一体何なのか。

 

もしこれが自分の商品で満たせるのであれば、この商品をもっと広めていくのがいいです。

 

しかしお客さんのニーズとずれているのであれば、商品を変えたほうがビジネスはうまくいきやすいです。

 

顧問先の社長は、商品を固定してビジネスを考えていることが多いかと思いますが、お客さんから顧問先のビジネスをみるような視点でアドバイスするようにしましょう。

 

顧問先へのアドバイスの参考にしてください。

 

また事務所の方針などの見直しにもお役立てください。

 

1年で売上38倍になった顧問先は何をした?前のページ

顧問料アップのチャンス到来…あたなはどうする?次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    あなたの事務所とよその事務所の「違い」は何ですか?

    From:高名一成新規客を獲得する時の重要…

  2. 経営戦略

    緊急事態宣言発令、、、

    From:高名一成今日、東京、埼玉、千葉、…

  3. 経営戦略

    成長するコンサル部門を持つ事務所だけがやっているコト

    From:高名一成僕たちは税理士事務所がコ…

  4. 経営戦略

    コロナ時代に成長するためのたった1つの秘訣

    From:高名一成先日、日経のある記事を見…

  5. 経営戦略

    終身雇用の終焉と税理事務所の課題

    From:福元友則「雇用を続ける企業などへ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    営業の最大の敵をご存知ですか?
  2. 経営戦略

    経営支援の時に常に心がけておかなければいけないこと!
  3. 経営戦略

    10年で人員が2倍になったお店の問題
  4. マーケティング

    優良客を作り出せ!
  5. 経営戦略

    今回の増税は税理士にとってピンチ?チャンス?
PAGE TOP