営業

営業で契約が決まりやすくなるコツ!

from 福元友則

 

なかなかいい提案ができた!
けれども、なかなか契約が決まらない!
契約が決まったはずが後日キャンセルになった!

 

そんな経験をしたことはありませんか?

 

今回はやってしまいがちな営業の間違いについて解説します。

 

人は、ものを買う時に感情で買って理屈で納得します。

 

ですから、自分ではどんなにいい提案だと思っていてもそれを相手の感情面に訴求することができなければ契約が決まることはありません。

 

いい提案だと思っていても決まらないのは、理屈で説得しようとしているからかもしれないのです。

 

セールスをする時にはこれを押さえておかなくてはいけません。

 

セールスがうまい人は感情面を強く打ち出すことができています。

 

これは感情に訴えさえすればいいというわけではありません。

 

人は感情が動いた時に購買に向かう習性があります。

 

例えば映画館では必ず物販コーナーがあります。

 

これはなぜかといえば、映画を見て楽しかった人はその思い出のための何かを購入する可能性が高いからです。

 

僕はスターウォーズが好きなのですが、見た後は必ず何かが欲しくなります。

 

これが欲しいというのではなくて何かを買って帰りたい気分になるのです。

 

色々みて結局はクリアファイルとかに落ち着くのですが、恥ずかしくて仕事では使えません。

 

いらないものを買って満足していることになります。

 

ところが高額なものの場合、こうはいきません。

 

買いたくないのにその場のノリで買ってしまった場合、後からキャンセルされる可能性が高くなります。

 

これには欲しくて買ったケースもあれば、断りきれずに買ってしまったなんてケースも含まれます。

 

こういうケースでは、アフターフォローが大事になります。

 

ただし何でもいいからフォローすればいいというわけでもありません。

 

この時には自分に購買を納得させれないとキャンセルしようとなってしまいます。

 

この納得するという行為に必要なのが理屈なのです。

 

営業のアフターフォローは、お客さんの購買を正当化してあげるためのプロセスなのです。

 

ほとんどの営業は、契約が決まって喜んで終わりです。

 

次のお客さんに向かってしまいます。

 

しかし、本当は契約が決まったお客さんをアフターフォローしなければいけません。

 

先生の事務所の営業に、そして顧問先の営業のアドバイスの参考にしてみてください!

営業の秘訣は「売らずに売る」こと前のページ

事務所の業績を伸ばす所長のあり方次のページ

関連記事

  1. 営業

    税理士がやってはいけない営業

    From:高名一成営業には2つのタイプがあ…

  2. 営業

    確定申告、決算の時にこれにチャレンジしてください!

    From:高名一成昨年末にある営業マンとあ…

  3. 営業

    新設法人から月額15万円の顧問料を獲得する営業術

    From:高名一成前回紹介した中川さんの記…

  4. 営業

    セミナー営業でおさえておきたいポイント

    From:福元友則先日、京都で商売繁盛の会…

  5. 営業

    お盆の由来から学ぶお客さんから選ばれる方法

    From:福元友則もうお盆休みの真っ最中だ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    伸びている事務所は何に投資している?
  2. 経営戦略

    成功の鉄則「相手が先、自分は後」
  3. 経営戦略

    今、自分たちにできることは何ですか?
  4. 経営戦略

    税理士と経営計画と売上アップ
  5. 経営戦略

    ドラッガーが語る社長の本来の仕事とは?!
PAGE TOP