経営戦略

もうかる会社がやっていること

From:高名一成

 

ビジネスをやる以上は、もうかる会社を作らなければいけません。

 

会社がもうかっていないと、ビジネスを継続することができないからです。

 

そして、もうかる会社を作るための方法は単純で、利益をどんどん増やすことです。利益を増やせば、使えるお金が増えてくるので、会社をもっと成長させるために様々な投資をすることが可能になります。すると、さらに会社が成長し、さらにもうかるようになります。

 

利益を増やすための方法は2つです。

 

1つは「経費削減」。

 

これは税理士事務所の大得意業務ですよね。
必要な経費と無駄な経費を分け、無駄な経費を削減していきます。顧問先にもこういったことをアドバイスして、利益アップに貢献していますよね。

 

このやり方は即効性がありますし確実に利益が増えます。

 

ですが、世の中には経費を削るだけ削っても資金繰りに困っている会社がたくさんあります。それに無駄にお金を使える会社はそうありません。あなたの顧問先にも、こういった会社がかなり多くあるはずです。

 

なので、経費削減で利益を増やすやり方はすぐにやれることが無くなってしまうんです。

 

2つめのやり方は「売上を増やす」ことです。

 

極論を言うと、売上を増やすのに上限はないので永遠にやれることがあります。利益アップは経費削減ではやれることがすぐに無くなってしまう可能性が大きいので、どこかで売上を増やすことに着手しなければいけません。

 

そして、売上を増やすには、「お金をかける方法」と「お金をかけない方法」の2つがあります。

 

お金をかける方法で売上を増やそうとすると、売上は増えますが利益は増えません。

 

お金をかける方法とは「集客」のことです。

 

集客は会社や商品のことを知らない人に知ってもらったり集めたりするわけなので、当然広告費がかかります。それに、集客をうまくやるには、価格の安い商品を売る必要があるので1商品あたりの利益は低くなります。

 

なので、売っても売っても利益は増えていきません。逆にオペレーションにかかるコストの方が高くなる可能性があります。

 

利益アップを目的とした場合には「お金をかけずに売上を増やす方法」を実践する必要があります。

 

その時のポイントは既存客にアプローチするということです。依存客であれば、集客する必要はありません。DMなどの広告をうつとしても、コストは微々たるものです。

 

さらに、既存客は価格の高い商品でも売ることが可能なので利益は大幅に増えます。

 

つまり、利益アップをしたければ、既存客の客単価アップをする必要があるということです。

 

税理士事務所でいうと、税務顧問先にコンサルを売ったりすることで客単価アップします。飲食店で言うと、すでに来店しているお客さんに対して、単価の高い商品をオススメして買ってもらうことで客単価アップします。

 

こういったことが、きちんとできると利益がどんどん増えていき、会社がもうかる仕組みが出来上がります。

 

会社にもうかる仕組みを作り、ビジネスを成長させたければ、既存客の客単価アップに着手しましょう!

 

顧問先で資金繰りに困っているところがあれば、客単価アップが解決してくれるはずです。ぜひ、巡回監査のついでにアドバイスしてみはどうでしょうか?

 

ー高名一成

PS.
実際に顧問先にアドババイスした事務所は社長からこんなことを言われたそうです。

ある日、顧問先の社長からこんなことを言われました、、、

売上が伸び悩む会社への処方箋前のページ

ポップアップレストランから見えるビジネスのトレンド次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    顧問料を値上げするという約束

    From:高名一成先日、ネットでニュースを…

  2. 経営戦略

    一風堂から学ぶ税理士事務所が選ばれる戦略とは?!

    From 福元友則先日、久しぶりに一風堂に…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    計算づくで1年で1番売上があがる日!
  2. 経営戦略

    経営計画の重要性と会社の成長の因果関係
  3. 経営戦略

    モテる男の必須条件「清潔感」って説明できる?
  4. 経営戦略

    今年の大流行になりそうなもの
  5. セミナーのやり方

    やってはいけない共催セミナー
PAGE TOP