マーケティング

集客より先にやること

From:高名一成

 

「集客」

 

これは全てのビジネスにおいてとても大切なことです。なぜなら、集客が必要ないビジネスなんていうのは存在しないからです。

 

でも、集客ってムズかしいんですよね。

 

イベントやセミナーを開催しても、集客がうまくいかなかったなんてことはよくあることです。

 

集客できなかったらかっこ悪いし、せっかく準備してきたものもムダになってしまいます。そして、何より売上が増えていきません。

 

なので、集客はできるようになっていかないといけないことなんですが、一朝一夕でできるようになるものではありません。

 

流行りのテクニックや媒体を使っても、それは一時的な効果しか出ないものばかりなので、集客に必要なきちんとしたスキルを身につけ、集客ができる土台を作る必要があります。当然ですが、それには時間もお金もたくさんかかります。

 

なので、僕たちはまずは集客をしないで売上を増やすことを考えましょうとお伝えしているわけなのです、、、

 

集客し終わった人を対象とする

 

そもそも、売上を増やすときに、いきなムズかしいことにチャレンジする必要はありません。カンタンなことから始めてそれをうまくやれるようにすることの方がはるかに大事なことです。

 

カンタンなことが、きちんとできるようになってから難しいことにチャレンジしていけばいいだけなのです。

 

なので、売上を増やすときには、まず集客し終わった人を対象にすることを考えればいいと思います。

 

その対象とは「既存客」ですね。

 

既存客に対して、追加サービスを提供したり、今支払ってもらっている金額を増やして、売上を増やしていく方が何倍もカンタンです。

 

税理士事務所であれば、顧問先に対して何かをすることで売上を増やすということです。コンサルを売ったり、今の顧問料を値上げする施策を行い単価を高めたりということですね。

 

既存客からの売上を増やしていくということは、マーケティングをやる上では、一番最初に考えなくてはいけないことです。既存客からの売上は利益が大きく増えるので、これをやることで集客に対する投資もどんどんできるようになります。

 

つまり集客もうまくやれるようになるということです。

 

税理士事務所はまだ顧問先に対して追加販売や顧問料アップに対する施策があまりできていません。

 

なので、これをやることで、利益が大きく増えるので業績は急拡大していくはずです。

 
でも顧問先に対して、何かを売ることに抵抗がある人も多いので、まずは顧問料アップを考えてみてはいかがでしょうか?

 

おそらく、過去に顧問料をアップさせることができたケースはあると思うので、それがなぜできたのか?どんなタイミングだったのか?顧問先はなぜ顧問料アップに納得したのか?

 

こんなことを思い出してみると、これからの行動のヒントが出てくるかもしれません。ぜひ、確定申告明けガンガン行動できる様に思い出してみてください。

 

ー高名一成

大廃業時代の到来前のページ

経営はオレ流で!次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    顧問先の声、聴いていますか?

    From:高名一成実は昨日まで既存客のみな…

  2. マーケティング

    インターネットマーケティングの基礎の基礎

    From:高名一成昨日は主催するオンライン…

  3. マーケティング

    今、顧問先にお願いするべきこと

    From:高名一成先日、ある税理士事務所が…

  4. マーケティング

    お客さんは何も知らない

    From:高名一成実は最近、メルマガ配信シ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    新規集客のチャンスを逃すな!
  2. 経営戦略

    この2つの事務所…どっちがいいですか?
  3. 次世代型税理士の仕事術

    「意思の力」でハイパフォーマーに!
  4. マーケティング

    マーケティングの定義①
  5. 経営戦略

    事務所の業績を伸ばす所長のあり方
PAGE TOP