経営戦略

Uberから学ぶ成長するビジネスの作り方

From:高名一成

 

Uber(ウーバー)って知ってますか?

 

Uberはアメリカで大ヒットしているウェブとアプリを利用した配車サービスです。Uberで配車を依頼すると、ドライバー登録した一般人が自家用車でやってきて目的地まで送ってくれます。

 

つまり、タクシーと同じ機能を果たすことができるということです。

 

利用する人はアプリ上でドライバーの顔や車種、評価などを見ることもできます。

 

しかもアプリに登録したクレジットカードでの支払いになるので、降りるときにお金のやりとりは必要ありません。お礼を述べるだけです。

 

このUberは日本でも東京の一部でサービスを開始しています。一般の人のドライバー登録など一部認可の降りていない部分もあるそうですが。

 

そんなUberですが、もうひとつのサービスがあります。
それは、「UberEats」というサービスです。

 

これは食事の出前アプリで、登録した一般人が自転車や原付で食事を届けてくれます。

 

このUberEatsに登録されている飲食店は誰もが知っている「王将」や「マクドナルド」もあったり、いつもお店は行列ができている人気店も登録されていて、そのお店のメニューも宅配してくれたりします。

 

僕は先日始めて利用したのですが、これはとても便利。

 

アプリ上でお店とメニューを選ぶだけであれば、普通の出前と何ら変わりませんが、UberEatsではリアルタイムで調理中なのか宅配中なのかという工程と到着時間が分かります。

 

今、どこを移動しているかを地図上で確認できたり、配達員の顔まで分かります。支払いはアプリ上でのクレジット決済なので、配達員が来て受け取って終わりです。

 

しかも届け先は家じゃなくても大丈夫なので、例えばバーベキュー会場や花見をしている会場にも届けてくれます。

 

気軽にいろいろと頼めて使い勝手がいいので、画期的だなと思いました。

 

それと同時にお店にもいい影響が満載です。専属のデリバリスタッフを雇う必要が無いので人件費のコントロールがしやすいはずです。売れた分から払うだけですからね。

 

さらに、集客はUberEatsがやってくれるので手間なく客数を増やすことができます。

 

新しく画期的な技術とアイディアの賜物で、いろんな飲食店がやるといいのではと思っています。

 

でも、ひとつだけ考えておかなければいけないことがあります。
それは、利益アップの施策をきちんとやらなければいけないということです。

 

なぜなら、このやり方をやると客数は増えますが単価が下がるはずだからです。

 

お店に来店していれば、接客をして追加で商品を販売し客単価を増やすことができますが、このやり方だと接客ができないから追加注文を受け付けることはできません。

 

しかも配達員さんの報酬やUberEats側の報酬を支払うことになるので利益を削っていることになります。(どういう仕組みかは分からないので推測ですが、、、)

 

なので、そのことをあらかじめ考えておかないと、「たくさん注文がきて売上が増えた!」なんて思っていたら月末に「意外とお金が残ってないな」なんてことに成りかねません。

 

忙しくなるだけで資金繰りが悪くなる可能性もあります。

 

今後もUber以外にも様々なアイディアや技術を駆使したサービスがどんどん出てくると思います。

 

それは多くの人のビジネスの力になる画期的なもののはずですが、そのほとんどが「効率化」というキーワードが当てはまるものになるはずです。

 

例えば税理士業界ではクラウド会計なんかが分かりやすいと思います。

 

数年前からクラウド会計が大ブームになり、効率的に業務を行えるようになりました。

 

効率的にできるようになったので、顧問料を安くすることができ、その顧問料の安さをウリに顧問先をガンガン増やしていった事務所はたくさんありました。

 

これはマーケティングの観点から考えると「客数」を増やすことに貢献するものになります。

 

客数を増やすことを考えると、このやり方は大正解ですが、当然客単価は下がるので、この対策も並行しておこなわなければいけません。

 

客単価が下がれば利益は増えないので、ビジネスの成長は止まってしまいます。

 

客単価を増やせて利益を増やせるという算段があるからこそ、客数を増やす真の意味があります。

 

今後技術の進化により客数を増やす方法は無限に出てくるはずですが、どの業界でも利益額の低下が問題となるはずです。

 

そのためには客単価を増やす施策を考える必要があります。

 

でも、まだ多くの人は客単価を増やす活動はやっていませんし、その必要性に気づいていません。

 

ぜひ、今のうちからこの施策を考えて一歩ずつでも取り組みを進めてみてください。

 

ー高名一成

みんなが間違えている経営戦略前のページ

アメリカで起きたことは日本でも起きる次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    コンサル事業をつくる秘訣

    From:福元友則先日、妻が誕生日だったの…

  2. 経営戦略

    税理士が営業でやってはいけない2つのこと

    From:高名一成税理士やコンサルタントは…

  3. 経営戦略

    2020年に向けて、、、

    From:高名一成一昨日の日曜日は東京マラ…

  4. 経営戦略

    なぜ人は石原慎太郎さんに魅了されたのか?

    From 福元友則先ほどニュースを見て石原…

  5. 経営戦略

    伸びている会社の社長の1番の仕事は○○!

    From 福元友則先日とある社長に会社を辞…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    嫌なことから逃げる方法を売ろう
  2. 営業

    保証を売れ!
  3. 新規顧問先獲得

    最近流行りのビジネスモデルとは?!
  4. 営業

    信頼できる営業マンがやっていること
  5. 経営戦略

    長く続く人材を採用する秘訣
PAGE TOP