次世代型税理士の仕事術

甲子園歴代最多優勝監督の指導方針とは?

From:高名一成

 

おととい、記念すべき第100回目の甲子園大会の決勝がありました。

 

ご存知の通り、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。

 

対戦相手校の金足農(秋田)は東北勢で初の優勝を目指し、決勝までマンガの様な劇的勝利をあげてきたので、金足農を応援していた人も多いのではないでしょうか?

 

でも、金足農の吉田投手に「全く歯がたちませんでした」と言わせるほど、大阪桐蔭の圧勝でした。

 

今回で大阪桐蔭の西谷監督は通算7度目の優勝を飾り、歴代最多記録となったそうです。

 

1度優勝するだけでも、ものすごいことなのにそれを7度も、しかも第100回目の大会で達成するなんて、もっている人なんだなと思わざるをえません。

 

そんな西谷監督の指導方針の中には「人間力の向上」があります。

 

一見、野球と関係ない様に思えますが、西谷監督は人間力が上がってこないと野球も継続的な結果を出すことができないと考えています。

 

そのために、1人1人の選手と接する時間をたくさんとっていて、これはどのチームにも負けない自負があるとお話しされています。

 

そして、選手には「モノを頼まれる人間になれ」と指導をしているそうです。

 

数いる中からモノを頼まれるということは信用されているということです。そして、それは「いないと困る」という存在になれということに繋がります。

 

これは、ビジネスの世界でも同じことです。社内でもモノを頼まれる様な信頼性を作ることは大事ですし、僕はこの関係をお客さんと作ることが大切だと感じています。

 

頼まれるからこそ、一定の信頼残高が溜まっていることもわかりますし、頼まれたり相談されたりしたら、それはセールスのチャンスです。

 

これは、このブログでよく紹介している「提案営業」になるはずなので、受注率はものすごく高いはずです。

 

なので、僕たちはモノを頼まれるようにならなければいけません。
そして、頼まれるためには信用されなければいけません。
そして、信用されるためには人間力を高めなければいけません。

 

これが回り回って会社の成長につながってきます。

 

自分の会社にこういった人たちがたくさんいたら最強のチームになるはずです。

 

西谷監督は、

 

「人間がしっかりできているチームは勝つかどうかわからなくても負けにくい。ここは確かだと思いますし、野球の結果を求めるためにもチーム力、人間力を求めていかないといけないと思っています」

 

と語られていました。

 

僕はこの言葉が大好きですし、自分も常に忘れずにいたいと考えさせられます。

 

ビジネスという勝負の正解で負けないために、結果を出すために、人間力を高め、モノを頼まれる人間で常にありたいですね。

 

ー高名一成

今、先生が知るべきことは何か?前のページ

新規顧問先の獲得にはイベントを開催しましょう!次のページ

関連記事

  1. 次世代型税理士の仕事術

    成功する人の連休の過ごし方!

    From:高名一成今日から4連休ですね。…

  2. 次世代型税理士の仕事術

    税理士業界にはびこる依存症

    From:高名一成税務顧問のサービス内容っ…

  3. 次世代型税理士の仕事術

    イケてる人の思考法

    From:高名一成ある調査によると、現在企…

  4. 次世代型税理士の仕事術

    災害時に受ける支援について

    From:福元友則西日本を中心にした豪雨に…

  5. 次世代型税理士の仕事術

    ウィンドウショッピングの罠

    From:福元友則12月に入るとどこもクリ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    顧問先の商品が売れない原因はこれかもしれません!
  2. 次世代型税理士の仕事術

    落ち込んでいます
  3. 経営戦略

    税理士業界の2大トレンド
  4. 経営戦略

    優秀な人が会社をやめる3つの理由
  5. マーケティング

    なんで営業しかやらないの?
PAGE TOP