経営戦略

地元の寿司屋で気づいた売上が右肩さがりになる会社の特徴とは?!

 

 

人気の店なのかなと思いながら別の店に電話するとそこも予約でいっぱい。

 

一瞬岐阜で何か起きているのかと思いました。

 

がよく考えたら敬老の日の前日。

 

それで予約でいっぱいだったのかもしれません。

 

そうとなれば寿司屋のリストを片っ端から電話するしかありません。

 

電話しては断られ、電話しては断られ。

 

もう寿司屋じゃなくてもいい?と喉まで出そうでした。

 

もう電話するときもダメ元の気分。

 

また断られると思ったそのとき電話口から聞こえたのは、、、

 

「何人ですか?何時からですか?」との声。

 

やっと予約がとれそうだと安堵しました。

 

無事予約もとれ、弟にお店を伝えてお店で待ち合わせることに。

 

食事もおいしく、個室で会話もはずみみんな楽しそうでした。

 

とてもいい店なので、逆になんで予約がとれたのか不思議になります。

 

ところがお会計のためにレジに行った時にその理由がわかりました。

 

支払いはカードでというと、、、

 

「すいません、現金でお願いしているんですよ。」と言われました。

 

最近キャッシュレスが進んだこともあり、現金のみでと言われた記憶がありません。

 

クレカは使えないとか、suicaは使えないとか、なんちゃらpayは使えないとかといったのはよくありますが、現金のみは久しぶりで予想もしていませんでした。
(ランチは現金でというのはありますね。)

 

これとよく似たことが中小企業ではよく起きています。

 

売上のアドバイスをするときに、お客さんがどうとか、商品がどうとか、売り方がどうとか色々考えるのですが、それよりもっとかんたんに売上を増やす方法があります。

 

それは決済手段を増やすこと。

 

現金のみや銀行振込だけではなく、クレカを使えるようにしたり、payが使えるようにしたり。

 

それに一括払いだけでなく、分割払いを導入したりすると決済手段や決済方法を増やすにつれ売上も増えていきます。

 

以前は決済手段の選択肢がそんなになかったのでそこまで効果的でもなかったのですが、今はとても効果的な方法になっています。

 

もっというとこれは会社やお店、ビジネスをお客さんに合わせるといった考えに基づいています。

 

お客さんが変化すれば、お店や会社もそれにあわせて変化させる。

 

こう聞くと当たり前のことのように感じるかもしれませんが、お店や会社にお客さんを合わさせようとしている中小企業や社長はとても多いものです。

 

顧問先と話をする時にはぜひそのあたりも聞いてアドバイスしていきましょう。

 

 

儲かる事務所の戦略、儲からない事務所の戦略前のページ

帝国データバンクのこの調査結果見ました?次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    顧問先への手間「かかっている」「かけている」どっち?

    From:高名一成ウチの家族は「真犯人フラ…

  2. 経営戦略

    業績の伸び悩みの原因と対策は?

    from 福元友則そろそろ1年の締めくくり…

  3. 経営戦略

    単価を上げましょう!

    From:福元友則どこの事務所でもどこの会…

  4. 経営戦略

    ターゲットを絞るの本当の意味

    From:福元友則2018年も残すところ1…

  5. 経営戦略

    もう、疲れました、、、

    From:高名一成お客さんは自分が欲しいと…

  6. 経営戦略

    きっと顧問先はこれをやっていません

    From:高名一成先日、僕が最近よく行くカ…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    伸びる事務所にある2つの仕組み
  2. 経営戦略

    このままコロナ禍が続くのであれば、、、
  3. セミナーのやり方

    2種類の懇親会
  4. マーケティング

    顧問先の声、聴いていますか?
  5. 経営戦略

    やる気がでない時の処方箋
PAGE TOP