営業

お盆の由来から学ぶお客さんから選ばれる方法

From:福元友則

 

もうお盆休みの真っ最中だと思うので軽めの話題を。

 

今日はお盆のお参りに朝からお寺さんにいってきました。

 

毎年お盆のお参りはきまってお寺さんにいっています。

 

そこでお盆の意味というか、お盆の由来を教えてもらったので今日はそれをシェアしたいと思います。

 

お盆の正式名称は「うらぼんえ」、または「うらぼん」といいます。

 

この名称は「うらぼんきょう」というお経が由来だそう。

 

お釈迦さまの弟子に目連(もくれん)という人がいました。

 

目連は厳しい修行の末、神通力を得たそうです。

 

ある時、亡き母はどうしているかとあの世を見渡してみたところ、天国にはいなく、地獄の次に厳しい餓鬼の世界に落ち、苦しんでいる母の姿を見つけました。

 

目連は神通力を使ってなんとか母を助けようとしたのですが、目連の神通力をもってしても母を救うことはできませんでした。

 

どうしたものかと思い、お釈迦さまにどうしたら母を救えるか相談します。

 

するとお釈迦さまから

 

「この7月15日に、飯などを十方の大徳衆僧にお布施しなさい。

 

お布施の功徳は大きいから、お母さんは餓鬼道の苦難から助かることでしょう。」

 

とのアドバイスをもらいました。

 

早速、お釈迦さまの仰せにしたがったところ、

 

お母さんは、餓鬼道から天上界に浮かぶことができたそうです。

 

このことが、お盆は祖先供養の日となって、今日に続いているそうです。

 

お盆にお供えをしてお墓参りをするのは何の気なしに毎年やっていましたが、そこにこのような意味があるというのをはじめて知りました。

 

と同時に今までなぜ知らなかったのだろう?という疑問と、教えてくれたお坊さんに感謝と尊敬の念を抱きました。

 

お坊さんはその道のエキスパートなので、知っていて当然の当たり前の話のような感じでした。

 

これは専門家あるあるです。

 

誰でも何かの専門家なわけですが、当然のように知っていることのなかでお客さんは知らないけれども、知っておいた方がいいことはたくさんあります。

 

そういったことを見つけて教えて上げることで、一気に信頼関係をきづくことができます。

 

専門家の場合、この信頼関係を契約前にきづければ新規契約がしやすくなります。

 

お客さんにとってみれば、この問題を誰に解決してもらうか人選びをして、決定することが契約をする行為になるからです。

 

ですから、お盆休みの間にお客さんは知らないけれども専門家なら当たり前に知っていることを1つ見つけてみてください。

 

休み明けにスタートダッシュできるかもですよ!

 

ー福元友則

昔の税理士、今の税理士前のページ

売上アップをする時はこれをやって!次のページ

関連記事

  1. 営業

    2022年の会計事務所の営業スタイル

    From:高名一成2021年ももう終わりで…

  2. 営業

    先生のホームページは売れるホームページになっていますか?

    from 福元友則最近またコロナ関連のニュ…

  3. 営業

    売れなくなってきた時の処方箋

    From:高名一成「以前は売れていたのに最…

  4. 営業

    税理士のこれからの営業のやり方

    From:高名一成僕の娘はバレエ教室に通っ…

  5. 営業

    マーケティングがうまい人は売り込みをしない

    from 福元友則明日はスターウォーズエピ…

  6. 営業

    まず、客を儲けさせろ!

    From:高名一成世界No.1のコンサル会…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    伸びている税理士はこうやって営業をしている!
  2. 営業

    あなたの提案の成約率の上げ方
  3. 経営戦略

    税理士の経営に足りないモノ
  4. 経営戦略

    これからの税理士事務所はどうなっちゃうんですか?
  5. 経営戦略

    経営計画を売るための営業のやり方はこれ!
PAGE TOP