営業

クロージングにビビっている人

From:高名一成

 

この間、とある会社の営業部長と会っていたのですが、その部長はウチの営業マンは「クロージングが下手でね」と言っていました。

 

もうちょっと前、とある会社の営業マンと話しをしていると「クロージングが苦手なんです、、、」と言っていました。

 

クロージングとは確認作業です。「買うか、買わないか」をお客さんに聞けばいいだけです。ですが、これができない営業マンが意外と多いのが事実です。

 

中には、クロージングしなくても売れると言っている人もいますが、クロージングは営業において必須なプロセスです。

 

その理由は2つあります。

 

1つ目はその人をいつまで営業対象とするのかをハッキリさせるためです。買いますか?買いませんか?と聞くことができなければ、顛末がついていないので延々と営業活動をしなければいけません。

 

なかなか聞くことができずに、ある時お客さんの方から断れたら、その営業に費やした時間は無駄なものとなってしまいます。もし、もっと早くクロージングをかけて断られたのであれば、その時間を別の営業に使って契約を取れる可能性があります。

 

2つ目はクロージングをかけないと購入を決められないお客さんがいるからです。買いますか?と言われれば買うのに、自分からはなかなか言い出せない人はけっこういます。

 

つまり、クロージングをしないと、こういった人との契約を逃していることになります。

 

クロージングができない人は「断られることへの恐怖」がありクロージングできません。

 

もし、あなたも断られることへの恐怖があるのであれば、もっと気楽に考えてみましょう。

 

断れたら、「分かりました、また機会があればお願いします」と言って引き下がればいいのです。無理に頑張ってもう1回話しを巻き戻す必要はありません。さっさと次の営業に移りましょう。

 

ただ、一応断られた時に確認した方がいいのは、買わない理由です。僕はたいてい、「ちなみに今回買わないと決めた理由は何ですか?」といった風に質問します。

 

たいていの場合は「高い」「タイミングが今じゃない」とかですが、たまに商品を間違って認識をしている場合もあるので、その誤解を解いてあげると契約が決まることもあります。

 

もちろん、「高い」「タイミングが今じゃない」と言われた場合の反論処理をして契約に導くセールストークやテクニックもありますが、ちょっと長くなるのでまた機会があれば紹介します。それよりもまずは、気楽にクロージングができるようになることの方が先決です。

 

それだけで、営業の成約率が上がるはずですし、時間効率もよくなります。なので、営業をする時はきちんと「買いますか?買いませんか?」とクロージングをしましょう。

 

ー高名一成

PS.
クロージングがうまくいかない時はクロージングが悪かったのではなく、その前段階の営業プロセスに問題があることの方が多いです。

休みぼけの治し方前のページ

業績を伸ばしたい人がやってはいけないこと次のページ

関連記事

  1. 営業

    「高く売る力」を身につけるための3つのヒント

    From:高名一成いま、自宅の近所にタワー…

  2. 営業

    めんどくさいから、やーめた!

    From:高名一成マイナポイントって知って…

  3. 営業

    深夜の当然の来客から学ぶマーケティングに秘訣とは?!

    from 福元友則先日の深夜の当然の出来事…

  4. 営業

    祝!300号突破!!

    From:福元友則Next税理士Labの記…

  5. 営業

    税理士版「鬼滅の刃」を目指せ!

    From:高名一成5月13日、全国の書店が…

  6. 営業

    ある税理士さんのストーリー

    From:高名一成僕たちの記事にたまに出て…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    人が強みだと顧客離れがおきる!?
  2. 新規顧問先獲得

    営業のファーストステップ
  3. 経営戦略

    結果を出したいお客さんが考える2つのこと!
  4. マーケティング

    マーケティングの最前線は「モノからヒトへ」
  5. 経営戦略

    1ヶ月しか耐えられません
PAGE TOP