経営戦略

10年で人員が2倍になったお店の問題

From:高名一成

 

先日、知り合いの飲食店経営者と久しぶりに会いました。

 

その人は都内で7店舗ほどFCで出店しています。

 

話しをしていると話題は会社が抱える問題の話しに。

 

その問題とはざっくり言うと人と売上でした。

 

いつの時代もこの2つは企業にとって大きな問題です。最近は特に人の問題が深刻です。

 

例えば、この社長がやっているお店ではアルバイトを当然雇うわけですが、ある店舗はここ10年で採用しているアルバイトの数が2倍になったと言っていました。

 

採用難の中で、一見いい話しのように見えますが実態はそうではありません。

 

10年前は今より半分の人数でお店のシフトを回すことができたのに、今は働き方が変わってきているのか2倍の人数を抱えないとお店のシフトを回すことができないそうです。(お店のキャパは同じです。)

 

結果、採用コストと管理コストがとてつもなく上がっているそうです。それにこれは1店舗だけではなく、7店舗に共通する話しのようなので、会社全体としても見逃せない問題です。

 

この問題はどのように解決すればいいのでしょうか?

 

時給を下げる?管理をシステム化する?広告を使わない?いろいろな選択肢はありますが、これらは他の新たな問題を生んでしまいます。

 

時給を下げれば、コストダウンにはなりますが退職が続いてしまう可能性が大です。

 

管理システムを導入しても運用できるかは未知数です。導入にもお金がかかるし、運用が大変で逆にコストアップするかもしれません。

 

広告無しの採用だと計画的に人を雇えませんし、カンタンな話しではありません。

 

この問題を根本的に解決するのは売上アップです。

 

売上を増やし利益を増やせば、他のお店より時給を高くすることが可能です。高くすればたくさん応募がくるはずなので、自分たちが望む条件と合致する人を探しやすくなります。それに条件提示もしやすくなるでしょう。

 

つまり、少ないアルバイトの数でお店のシフトを回すことができる可能性が高まるのです。

 

それに、管理システムに投資することもできるし、広告枠を以前より良い条件で活用することもできます。

 

この様に人の問題は売上に原因がある場合がほとんどです。

 

なので、人の問題を解決する時に真っ先に考えなければいけないことは売上です。

 

売上アップこそが根本治療になります。その他のソリューションは対処療法にしかならない場合が多いので、一時的に解決しても何度も同じ問題が発生してしまいます。

 

では、売上アップを考えた時にどんな点に注意すればいいのでしょうか?

 

ちょっと長くなってきたので、これは次回にしたいと思います。ちょうどこの飲食店の社長も悩んでいた話しでもあるので、、、

 

ー高名一成

PS.
昨日、年商100億を超える超利益体質の企業の役員から連絡があり、人材採用の相談がありました。このくらいの規模の会社でも採用難なのです。これは本当に見逃せない問題です。

忙しいけど全然儲からない時の処方箋!前のページ

会社が成長していく順番次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    時代のスピードについていけてますか?

    from 福元友則今すごいスピードで時代が…

  2. 経営戦略

    あの税理士事務所の成長の秘訣とは?!

    From 福元友則今日はGW明け。…

  3. 経営戦略

    税理士事務所を差別化するには?!

    From:福元友則とある懇親会でこんな相談…

  4. 経営戦略

    60:40のビジネスモデル

    From:高名一成60:40。&n…

  5. 経営戦略

    今後顧問先が増えるのはこんな事務所

    From:高名一成先週面談した先生が「今年…

  6. 経営戦略

    コンサルの単価設定の不都合な真実

    From:高名一成一般的にサービス業は単価…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    2018年税理士業界の2つの傾向
  2. 経営戦略

    税理士事務所の新しい働き方
  3. マーケティング

    お客さんを無視したお店
  4. 営業

    奥さんに怒られました・・・
  5. 経営戦略

    よさそうにすればいい・・・?
PAGE TOP