経営戦略

僕がコンサルの時に必ず言うこと

From:福元友則

 

僕がコンサルをする時に必ず言うことは「単価を上げましょう。」です。

 

これは、業種や事業規模は関係なくすべてのケースで必ずいいます。

 

というのも、お会いする社長さんで今の単価に満足してる人に会ったことがないからなのです。

 

よく聞く不満として
「安い商品しか売れない」とか
「安い時(セールで)しか売れない」とか
「競合よりいいサービスなのにうちの方が安い」
とかこんな感じの不満が多いんですね。

 

こういう不満を聞くので「では、単価あげましょうね!」とニコニコして言うと相手の顔がひきつります!

 

単価を上げる=客が減るというイメージを持っているようで、単価を上げると売上が減るという思い込みがあるみたいです。

 

ですがこの思い込みは間違っていると断言できます。

 

単価を上げたことで売上が劇的に増えるケースをたくさん見てきました。もちろん単価を上げる前に比べて客数は減ります。ですが、それ以上に単価を上げるインパクトの方が影響が大きいのです。

 

ちなみにもし単価を上げるビフォーアフターで売上が同じだった場合、利益はあげた後の方がはるかに多いことがほとんです。

 

しかも、お客さんの満足度も、従業員の満足度も高くなります。

 

まさにいいことづくめなのですが、ほとんど誰もできていません。

 

そもそもお客さんが安いのしか買わないというのは、安いと言って集客しているからです。

 

広告でよそより安いとか特価いくらとか書いて集客していたら、安いから買いに来ますよね。そこで高いのを買ったら損した気分になりますよね。

 

価格というのは購買において一番強い要因です。ですので、価値を伝える前に価格を伝えてしまうと価格で高い安いを判断されてしまいます。

 

ですので、この商品、このサービスの価値は何なのか?
他と違うところは何なのか?

 

こういうことをきちんと考えて価格をつけなければいけません。

 

ですが、大抵の社長はそこまで考えないで、競合の価格を見てそこより少し安くしたり高くしたりという値付けの仕方をしています。

 

ですが、ビジネスは価格で儲かり、価格で死にます。

 

単価というのは、生命線です。

 

利益を出せるかどうかは、価格で決まります。

 

そしてとても大切なことは、価格を下げるということはそのまま利益を削っているということなんです。

 

また利益を2倍にしようとした時に、価格も2倍にする必要はありません。ほんのわずか単価をあげるだけで利益が2倍になるケースをたくさん見てきました。

 

単価を下げてつぶれた会社はたくさんありますが、単価をあげてつぶれた会社というのは聞いたことがありません。

 

ですので、もし今年はどんなことにチャレンジしようかと思っているなら、単価を上げることにチャレンジすることをおすすめします。

 

単価を上げると、その後でお客さんも増えていくしいいことづくめです。

 

ー福元友則

今日、反省します前のページ

今年こそ営業の仕組みをつくろう次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    これからの税理士業界はどうなるんですか?②

    From:高名一成今日は前回の続きです。…

  2. 経営戦略

    税理士事務所がもっと儲けるためには?!

    From:福元友則昨日奥さんの買い物に付き…

  3. 経営戦略

    ヤフーとLINEの統合の狙いとは?!

    from 福元友則ヤフーとLINEが統合す…

  4. 経営戦略

    確定申告が進まない理由と経営が進まない理由

    From:高名一成「確定申告の進捗が悪い」…

  5. 経営戦略

    情報収集をする時に気をつけるべき2つのポイント

    from 福元友則先日、知り合いの社長と食…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 営業

    お客さんを「ほったらかし」にしたらダメ!
  2. マーケティング

    誰も無視できない魔法の言葉
  3. 経営戦略

    コロナ第7派で税理士がやるべきことはこれ!
  4. 経営戦略

    2021年は◯◯元年にしましょう!
  5. 次世代型税理士の仕事術

    休み明けの準備の作法
PAGE TOP