経営戦略

ワンストップ事務所は不利です!

from 福元友則

 

サービス業を成長させるのはなかなか難しいことです。

 

受注生産というか、お客さんのオーダーを受けてやることをカスタマイズするタイプのサービス業は特にです。

 

1つは毎回お客さんの要望でフルカスタムすることそのものに手間(コスト)がかかるため。

 

1つはカスタムに対応するということは、それだけ人材育成のハードルが高くなることを意味するため。

 

1つは、それが強みではなく弱みになってしまうため。

 

税理士業界でも以前「ワンストップ事務所」というコンセプトが流行りました。

 

うちにオーダーしてくれればなんでもやりますよということですよね。

 

以前はこういう得意分野があればあるほど、
事務所でできることが多ければ多いほど
営業上有利でした。

 

しかしこれからは違います。

 

その強みが弱みになっていってます。

 

「あなたの会社の問題は何ですか?
うちの事務所には様々なソリューションがありますので
お話を伺えれば、お役に立てることを見つけれます。」
という営業トークではまずいということです。

 

これでは、毎回異なる課題に対して
異なる方法で解決することになります。

 

こういうタイプの仕事をスケーリングさせるのは大変に難しいことなのです。

 

そうではなく
「うちの事務所はこういう問題の解決をもっとも得意としています。
すでに100社にご利用いただいた実績があります。
もしご関心がおありなら、少しお話を伺わさせていただきますよ。」
という営業トークをするべきです。

 

前者と後者のトークの違いはわかりますか?

 

もし先生が何か特定の問題を抱えているとしたらどうでしょう?
(経営をしていて問題がない社長なんていませんよね。)

 

なんでも解決できるという人と
まさにその問題を解決する専門家と2人いたら
どちらを選ぶでしょうか?

 

こうした営業上の違いもかなりあります。

 

もちろんその得意分野にマーケットがある必要はあります。

 

魚のいない池で釣りをしたら、どんなに腕のいいプロでも
絶対に釣れませんので。

 

ですので、競争有利になる強みをみつける必要があります。

 

もっというとそういう強みを作り出しましょう。

 

誰のどんな問題を解決できると有利になるか?

 

それを可能にする強みを出すのが経営者の仕事です!

オンラインセールスでやってはいけないこと前のページ

アパレル、美容業界の顧問先に注意喚起を次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    なぜ税理士が経営支援することが重要なのか?

    From 福元友則起こった問題にうまく対応…

  2. 経営戦略

    令和以降、伸びる事務所の経営戦略

    From:高名一成僕たちはよく新規集客より…

  3. 経営戦略

    年末年始にこれをやってください!

    From 福元友則今年も残すところ3日とな…

  4. 経営戦略

    業績の伸び悩みの原因と対策は?

    from 福元友則そろそろ1年の締めくくり…

  5. 経営戦略

    業績を上げたかったら目標を立ててはいけない!

    From:福元友則よく経営書などで目標をた…

  6. 経営戦略

    子供を助けてあげてください!

    From:高名一成この間の記事にも書きまし…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    職員と顧問先を増やさずに売上を2倍、3倍にする方法
  2. 経営戦略

    令和を生き残る税理士の条件!
  3. 経営戦略

    デジタル革命はすぐそこまで来ている!
  4. 経営戦略

    税務顧問の品質を高めることが大切?それとも…
  5. 経営戦略

    会計事務所に今後必要になる人材とは?!
PAGE TOP