経営戦略

あの大手企業が「日報」を廃止したのはなぜ?

From:福元友則

 

10月に突入しました。

 

今年もあと3ヶ月で終わりです。

 

会計事務所はそろそろ年末調整のお知らせなど早くも繁忙期の準備にもとりかかる時期かと思います。

 

また経営についてじっくり取り組めなくなるぐらい忙しい日々に突入する前に、今後の経営で何が重要なのかを考えていただける面白い記事を見つけました。

 

「キットカット」や「ネスカフェアンバサダー」で有名なネスレの社長が日報を廃止したそうですが、その理由がとても面白かったので紹介します。

 

ネスレでは、新しい商品を生み出すためにイノベーションを最重要視しているそうです。

 

イノベーションとは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。

 

今から20年ぐらい前、経営の名著「イノベーションのジレンマ」が出た時に話題になった用語です。

 

例えばネスレの場合、コーヒーをおいしくしよう(商品の品質アップ)とか、価格をもっと安くしようというのはイノベーションではありません。

 

これはあくまでも現状の改善。

 

もちろん経営においてとてもとても重要なことではありますが、競合との価格競争でいかに優位に立つかという観点からのことでしかありません。

 

価格競争から抜け出したければ、競合と全く違う別の立ち位置(ポジショニング)を築かなければいけません。

 

そのために一番重要なことが「顧客が抱えている問題」をいかに発見するかです!

 

顧客が抱えている問題とは、まだ顧客が気づいていなかったり、解決するのを諦めている問題のことです。

 

顧客の問題発見できることは、その解決策を提示できることよりはるかに難しいのです。

 

なぜなら、顧客のことをよく知らなければいかないから。

 

顧客の問題を見つけれれrば、その解決策を見つけることは難しくありません。

 

もし解決策が見つからない時は、もだ顧客の真の問題を見つけれていないだけなのです。

 

ネスレでは、この「顧客の問題発見」を重視するため、日報を廃止にしたそうです。

 

ビジネスがうまくいっているなら報告書はいらないということです。

 

顧客の問題発見こそが「仕事」であり、そのほかのことは「作業」でしかありません。

 

ネスレでは売上などの数字は報告しますが、うまくいっているなら報告はいらない。本当に報告してほしいのは、うまくいっていない場合。なぜうまくいっていないのか?だそうです。

 

会計事務所にもこれと同じことが必要なのではないでしょうか?

 

税務顧問業務をそつなくこなすことは経営を維持していくうえで重要です。

 

ですが、これからの時代変化を考えると経営も変化させていかなければいけない。

 

でも、何をどうしていいかわからない。

 

そんな時は、まず顧問先の抱えている問題を発見することから始めてみてはいかがでしょうか?

 

ー福元友則

大きな違いを生み出す小さな違いを見つける前のページ

他社と組むときの2つのマインドセット次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    顧問料を値上げするという約束

    From:高名一成先日、ネットでニュースを…

  2. 経営戦略

    売上が増える品質改善のやり方

    From:福元友則色んな事務所の先生と話を…

  3. 経営戦略

    事業がダメになる時のことを考えたことありますか?

    From:福元友則もし先生が税理士ではなく…

  4. 経営戦略

    ◯月が売上アップのチャンス

    From:高名一成10月も終わりに近づき、…

  5. 経営戦略

    なぜ、売上アップは難しいのか?

    From:高名一成いつもブログを読んでくれ…

  6. 経営戦略

    山ちゃんに学ぶ新しいことをやる時の心得とは?!

    From 福元友則先日ネットを見ていたら面…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    今年は経営支援をする大チャンスの年です!
  2. 営業

    1番難しいセールス
  3. 経営戦略

    新規事業で成功する時、失敗する時、、、
  4. 経営戦略

    最近増えている税理士事務所のタイプとは?
  5. 経営戦略

    世界最高の発明家が教えてくれたアフターコロナの税理士事務所
PAGE TOP