経営戦略

売上を伸ばす簡単な方法を紹介します!

from 福元友則

 

売上を伸ばす簡単な方法を紹介します。

 

それは今よりもっとお客さんのことを理解すること。

 

ほとんどの社長は、売上を増やすためにもっといい商品を追い求めています。

 

ほとんどの社長は、売上を増やすためにもっといい売り方を追い求めています。

 

この2つはお客さんとマッチした場合にのみ有効です。

 

そして今売上に満足していないのであれば、今のお客さんとマッチしていないはず。

 

なぜマッチしていないのかというと、お客さんのことを理解していないからです。

 

例えば、お客さんが求めていることがもっと高くてもしっかりしたものが欲しいということはよくあります。

 

では、なぜ不満がありがながらもこの会社やお店と取引しているのかといえば、近いとか便利とか都合がよかったりするからです。

 

でも商品、サービスに満足しているわけではありません。

 

では、この時売上を増やすために社長は何をするのか?

 

例えば、広告を出します。

 

例えば、安売りをします。

 

こういうことで売上が増えるのか?というと、増えるかもしれませんし、増えないかもしれません。

 

客数が伸びるかもいれませんし、でもそれより単価が安くなってしまえば、売上がどうなるかわかりません。

 

もしお客さんのことをわかっていれば、もしくはもっと理解しようとしていれば、いい商品を取り扱ったり、作ったりするでしょう。

 

もしこの商品が今より単価を高くできるならほぼ確実に売上が増えます。

 

しかも客層がよくなるというおまけもついてきます。

 

こういう取り組みは地味ですが、確実に売上がよくなります。

 

お客さんはみんな同じではありません。

 

ほとんどの会社は様々なお客さんとお付き合いしています。

 

なので理解できているお客さんを増やせると、それに伴って売上も増えていきます。

 

売上が少なかったり、伸びなかったりするのは、お客さんを理解できていなからかもしれません。

 

以前は理解できていたのに理解できてなくなったのかもしれません。

 

お客さんも変化していきますので、常に理解するように意識しないといつの間にかわかっていなかったなんてことになりかねません。

 

お客さんのことをより理解したり、理解できるお客さんを増やすことで売上は増えていきます。

 

意外とお客さんのことをわかっていない社長がほとんどですので、アドバイスしてみてください。

 

顧問先とこんなミスマッチ起きてませんか?前のページ

採用が上手い事務所は◯◯が上手次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    事業の成長を邪魔する最大の要因

    From:福元友則「うちの経営の何が悪くて…

  2. 経営戦略

    Uberから学ぶ成長するビジネスの作り方

    From:高名一成Uber(ウーバー)って…

  3. 経営戦略

    売上をとるのか?利益をとるのか?

    From:福元友則会計事務所のコンサルをし…

  4. 経営戦略

    2020年に向けて、、、

    From:高名一成一昨日の日曜日は東京マラ…

  5. 経営戦略

    2人の社長のストーリー

    From:福元友則クリスマスも過ぎ年末モー…

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    売上アップをする時はこれをやって!
  2. 次世代型税理士の仕事術

    スタッフにやる気を出してもらうにはどうすればいいですか?
  3. 経営戦略

    その決算説明、顧問先の役に立っていますか?
  4. 経営戦略

    大手税理士法人もキツくなってきた!?
  5. 経営戦略

    成功する社長は○○が上手な人?!
PAGE TOP