経営戦略

社員を大事にしすぎた会社の末路

From:福元友則

 

ビジネスにおいて、社長が重要だと考えていることと従業員が重要だと考えていることは大きく違います。

 

もしかしたらこのことが先生の事務所の成長を妨げているかもしれません。

 

僕は今までたくさんの社長や会社をみてきました。

 

どれだけ素晴らしく見える会社であっても問題のない会社はありませんでしたし、
どれだけ素晴らしい社長であったとしても、問題のない社長もいませんでした。
もちろん会社や社長ごとに問題は違います。

 

けれども、だいたい問題の本質は共通していました。

 

それは、冒頭の「社長が重要だと考えていることと従業員が重要だと考えていることが大きく違う」ということでした。

 

従業員が重要だと考えていることは、極端に言うと、「早く帰ること、給料が増えること、今より仕事が楽になること」
これが最優先です。

 

ところが、社長が重要だと考えているのは「会社が成長すること」です。
これはマーケティングや営業に取り組むことであり、また新しいプロジェクトに取り組むことを意味します。

 

優秀な社長は何年も先を見通していますが、従業員は今のことしか考えていません。

 

このギャップは非常に大きく、従業員の抵抗により潰されていくプロジェクトをたくさんたくさん見てきました。

 

その結果、変化しなければいけないのに変われなかった会社をたくさんみてきました。

 

既に手遅れになっている会社もたくさんみてきました。

 

従業員が変わらなければいけないと気付いた時では、たいていの場合遅すぎるのです。

 

「従業員がマーケティングを左右してはいけないのです。」
なぜか?業務がマーケティングより優先されてしまうからです。

 

誰かが何かを売らなければ何も始まりません。
そして、これは業務の合間にやってできることではありません。

 

自分で仕事の優先順位を決める裁量を持っているのは、社長だけです。

 

つまり、社長がマーケティングを最優先にしなければ会社で誰もマーケティングをする人はいないことになってしまいます。

 

僕は会社に起きているほとんどの問題の解決策はマーケティングの中にあると考えてます。

 

先生は、マーケティングの時間をどれぐらいとっていますか?
もし会社を成長させるために何かを変えるとしたら、
「マーケティングのための時間をブロックする」ことからはじめてみられるのはいかがでしょうか?

ー福元友則

Ps.
僕も忙しくなるとついつい業務を優先してしまいがちになりますので、
自戒の念をこめてこの記事を書きました。
早速、手帳にマーケティングの時間をブロックしましたよ!

今年一番のショックな出来事前のページ

税理士にしか出来ないコンサルの報酬体系次のページ

関連記事

  1. 経営戦略

    後発組が市場No.1になったあの会社は何をやった?!

    from 福元友則先生はスマホのバッテリー…

  2. 経営戦略

    この矛盾の解決方法を知ってますか?

    From:高名一成経営では長期を考えること…

  3. 経営戦略

    ある税理士が後悔した話

    From:高名一成以前、ある税理士の先生が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイドバーリンク画像1.001

最近の記事

  1. 経営戦略

    インフレの時代が来る準備はできていますか?
  2. 経営戦略

    優れるな、異れ!
  3. 経営戦略

    コンサルをはじめる時に気をつけたほうがいいこと
  4. 経営戦略

    経営計画に決算書は必要?
  5. 次世代型税理士の仕事術

    成果を出せる人、成果を出せない人
PAGE TOP